2013年04月30日

沖縄・小笠原・奄美の反対を無視して強行された「主権回復式典」での首相式辞〜周到に仕掛けられた罠に注意を!〜

 4・28政府式典に抗議する『屈辱の日』沖縄大会を尻目に開催された「主権回復式典」。安倍首相の式辞要旨が新聞各紙に掲載されているが、そこから読み取れるのは、沖縄に思い寄せる素振りをみせながら、沖縄を最大限利用しようとする意図だ。

 以下は4.29付沖縄タイムスに掲載された同記事の沖縄に関するくだりの抜粋である。

 日本に主権が戻ってきたその日に奄美、小笠原、沖縄の施政権は日本から切り離されてしまった。とりわけ明記すべきは、残酷な地上戦を経験し、おびただしい犠牲を出した沖縄の施政権が最も長く日本から離れたままだった事実だ。「沖縄の祖国復帰が実現しない限り、わが国の戦後は終わらない」。佐藤栄作首相の言葉だ。沖縄の本土復帰は72年5月15日だ。日本全体の戦後が初めて本当に終わるまで、主権回復から20年という長い月日を要した。沖縄の人々が耐え、忍ばざるを得なかった戦中、戦後のご苦労に対し、通り一編の言葉は意味をなさない。私は若い世代の人々に特に呼び掛けつつ、沖縄が経てきた辛苦に、ただ深く思いを寄せる努力をなすべきだと訴えようと思う。

 この式辞は、最後には沖縄に思いを寄せるべきだと述べ、沖縄への配慮を滲ませているように作文されているが、その内容は、おおよそ沖縄のへの配慮は一遍もない。理由は以下のとおりである。

@4.28に日本から切り離された地域の紹介で、沖縄は3番目になっている。南からの地域順だろうと理解する方もいるだろうが、内容を読み進めると、これが意図的なものであることが理解できる。

A「日本から切り離されてしまった。」の表現はいかにも安倍首相らしい。切り離したのは日本政府であり、切り離した責任者である。それを、「・・されてしまった。」と誰かの責任のように表現するのは、安倍首相自らが、奄美、小笠原、沖縄の施政権は日本から切り離した当事者であることの自覚のない現れである。

B沖縄戦について「残酷な地上戦」と表現している。日本の防波堤として、唯一の地上戦地となり住民の4分の1を失った沖縄戦である。各地で軍命による集団自決が発生し、親が子どもに手をかけるという極めて凄惨な状況に、住民を追い込んでいった戦争。単に「残酷な地上戦」と表現する安倍首相の認識不足は指摘されなければならない。

C最大の問題点は次である。

 「沖縄の本土復帰は72年5月15日だ。日本全体の戦後が初めて本当に終わるまで、主権回復から20年という長い月日を要した。」

 安倍首相は、本土復帰により、日本全体の戦後が終わり、主権回復が終了したと述べている。とんでもない話である。沖縄の現状を見て、どこが、何が主権回復といえるのだろうか。

 今「主権回復式典」の最大の目的はここにあったようだ。つまり、安倍首相は、沖縄の主権回復は1972年5月15日の本土復帰によって果たされており、沖縄の主権回復の問題はないとの認識である。「日本全体の戦後が初めて本当に終わるまで」との表現は正にことのことを指している。

Dしたがって、それ以降の「沖縄の人々が耐え、忍ばざるを得なかった・・・。・・沖縄が経てきた辛苦に、ただ深く思いを寄せる努力をなすべきだと訴えようと思う。」のくだりは意味を持たない。

 なぜなら、沖縄の主権回復は本土復帰により完全に果たされた。つまり、「日本全体の戦後が初めて本当に終わるまで、主権回復から20年という長い月日を要した。」と総括したのだから、問題は何もない。だからこそ、「沖縄が経てきた辛苦に、ただ深く思いを寄せる」だけでいいのである。「深く思いを寄せる」とは、ただただ、何もしないということ、思い出話にでもしようという魂胆だ。

 安倍首相の真意を理解できれば、式典に出席した高良副知事の「・・納得、理解できた」との発言は理解しがたい。高良副知事には今一度、式辞の内容を確認していただきたいと思う。

posted by 福地行政書士事務所 at 09:06| 多事争論(馬耳東風)6

2013年04月26日

4.28「屈辱の日」沖縄大会への多くの市民の結集を呼びかけます!

4.28「屈辱の日」沖縄大会.JPG 日本が、自らの主権回復のために、沖縄を米国へ売り渡した忌まわしき日を、主権回復の日として祝おうという、日本政府の暴挙に抗議する。

 式典開催時刻に開催される、4.28「屈辱の日」沖縄大会への参加を呼びかけます。

 日本政府の沖縄差別、無視の姿勢を許すわけにはいきません。このままでは、沖縄は日米安保の塵捨て場同然の歴史を強いられ続けることになります。強い怒りをもって、抗議の声をあげなければなりません。

沖縄が主権を奪われた屈辱の日を、「主権回復の日」として祝う安倍政権を許すな! (当HM記事)

式典「評価しない」7割 「屈辱の日」理由最多(沖縄タイムス) 

南風原文化センターで「屈辱の日」展(同)

「主権回復の日」式典 憤る野中氏(同)

4・28式典 社説で否定論調 16地方・ブロック紙(琉球新報)

「屈辱の日」考えて 名護市、庁舎に緑の旗(同)

改憲の動き危惧 野中氏、政権を批判(同)

posted by 福地行政書士事務所 at 09:15| 危険な安倍政権を許すな!!!即刻退陣!!!

2013年04月25日

沖縄の平均寿命低下の原因は脂肪摂取過多による肥満が原因ではない(月刊誌「選択」4月号より)

・・・・・そして、次のように警告する。

 沖縄の平均寿命のランキングの低下はまず男性に表れた。これはストレス社会の特徴である。タバコや酒の害もそういう社会では表出しやすい。肥満もその部分現象の一つである。それを知らず、学者と行政とマスコミが協働で沖縄の低栄養化を促進してしまった所に悲劇の本質がある。

 癒しの島として観光を売りしている沖縄が、実はストレス社会となっているとの指摘は驚きである。何が問題なのか、掘り下げるみる必要があるようだ。・・(詳細はこちらをクリック)

posted by 福地行政書士事務所 at 17:28| 書籍・新聞等からの資料

2013年04月25日

沖縄の平均寿命低下の原因は脂肪摂取過多による肥満が原因ではない(月刊誌「選択」4月号より)

 月刊誌「選択」4月号に興味深い記事を見つけた。

 2013年の都道府県別平均寿命ランキングについての記事である。新聞報道にもあったとおり、沖縄県の順位は女3位、男30位と長寿県とはいえない状況にある。

 この原因について医学博士柴田博は次にように述べている。以下は同誌からの抜粋である。

・・「沖縄は、食生活の欧米化が早く、脂肪摂取が多かったのでそのつけがきている」「そのために肥満者がふえ、生活習慣病、特に動脈硬化性の病気による死亡が増えている」等々である。まことしやかに聞こえるが、これは間違った見解なのである。

 それでは、原因はどこにあるのか。同氏はまず、沖縄における脂肪及びエネルギー摂取量について1982年から2013年までの沖縄県庁公表資料に基づいて指摘する。それによると、脂肪及びエネルギー摂取量は減少し続け、2008年からは全国平均を下回っている。にもかかわらず、平均寿命低下は改善していない。

 原因について次のように指摘する。

・・沖縄の肥満度は、全国平均より高いことは確かであるが、それが平均寿命をのランキングを下げているわけではないことに気づいていない。ランキングのもっとも高い死因は、慢性閉塞性肺疾患で男女ともに全国一位である。次いで肝疾患、男性一位で女性二位である。リスクファクターとして、前者はタバコ、後者はアルコールである。ともにやせに多い。その次にランキングの高いのが自殺、男性八位女性四位、これも肥満リスクファクターではない。

 その一部に肥満が関連する心疾患死亡率は、男性二十八位女性四十二位、脳梗塞死亡率は男女とも四十七位と全国最下位なのである。沖縄県に肥満が多いことが平均寿命のランキングを低下させたと短絡させてはならない。

 そして、次のように警告する。

 沖縄の平均寿命のランキングの低下はまず男性に表れた。これはストレス社会の特徴である。タバコや酒の害もそういう社会では表出しやすい。肥満もその部分現象の一つである。それを知らず、学者と行政とマスコミが協働で沖縄の低栄養化を促進してしまった所に悲劇の本質がある。

 癒しの島として観光を売りしている沖縄が、実はストレス社会となっているとの指摘は驚きである。何が問題なのか、掘り下げるみる必要があるようだ。

 沖縄では、復帰特別措置で泡盛については酒税軽減措置がとられてきたが、昨年さらにその延長が認められた。安価で酒が手に入りやすい状況も問題を悪化させているとはいえないだろうか。

 長寿県を取り戻すことは望まない方が良いのかもしれない。それよりも、現状のストレス社会の要因が何なのか。そして、その緩和・解消のために何ができるのか。考えてみる必要があるようだ。

posted by 福地行政書士事務所 at 17:05| お得情報

2013年04月24日

「仲井真弘多知事が承認に向けて動きだしているという楽観論が(米政府内に)あるようだが、現実ではない」(4.24沖縄タイムスより)

 昨日、今日の沖縄の地元2紙は、県の又吉公室長が訪米し米国政府関係者と面談した記事を配信した。同室長は、記者団との電子記者会見で、「知事が(埋め立ての)承認に向けて動き出しているのではないかという楽観論があったようだが、知事が県外移設を求める考え方が変わっていないことを強く申し上げた」と述べた(4.23付琉球新報)。さらに、「県外移設を求める考えは申請の前後で変わっていない」(4.24付沖縄タイムス)とも述べた。

 今回の同室長の訪米は、佐藤優氏が4月13日付琉球新報に掲載されたウチナー評論「念力主義〜主観的願望で動く政治〜」で指摘した、日本政府が抱く淡い期待、が誤りであること指摘した。(詳細は当HM記事主観的願望で動く政治(4.13付佐藤優氏のウチナー評論より)参照)

 県の又吉室長は、米国に対して、日本政府の説明が誤りであることを指摘し、仲井真知事の県外移設を求める考えに変化はないことを明確に示したことになる。

 普天間飛行場の即時閉鎖、在沖米海兵隊の本国帰還以外に、米国の取るべき途はない。

辺野古楽観は非現実的」公室長、米側に伝える(沖縄タイムス)

又吉公室長、県外移設あらためて伝達 米側は辺野古推進の姿勢(琉球新報)

posted by 福地行政書士事務所 at 12:00| 普天間飛行場の辺野古移設阻止

2013年04月22日

CV22オスプレイの嘉手納基地配備阻止

 昨日、4月21日『CV22オスプレイの嘉手納基地配備に反対する』三連協住民大会が開催された。

 大会は、1月9日の配備報道により強い危機感を抱いた、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)が開催した。オスプレイ嘉手納配備(タイムス切り抜き).jpg

 嘉手納基地へのオスプレイ配備計画に関する報道は、昨年6月20日の沖縄タイムスでも報道された。以下は同記事からの抜粋である。(続きはこちらをクリック)

posted by 福地行政書士事務所 at 17:47| 許すなオスプレイ配備2

2013年04月22日

CV22オスプレイの嘉手納基地配備阻止

 昨日、4月21日『CV22オスプレイの嘉手納基地配備に反対する』三連協住民大会が開催された。

 大会は、1月9日の配備報道により強い危機感を抱いた、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)が開催した。オスプレイ嘉手納配備(タイムス切り抜き).jpg

 嘉手納基地へのオスプレイ配備計画に関する報道は、昨年6月20日の沖縄タイムスでも報道された。以下は同記事からの抜粋である。

 ・・嘉手納基地には、・・15年会計年度(14年10月〜15年9月)までに5機、16年度までにさらに4機の計9機を配備する。

 日米両政府は計画について口をつぐんでいるが、いつ、配備計画を明らかにするか分からない。昨年9月の県民大会で示された沖縄の意思を無視し配備されたMV22オスプレイの経緯からすれば、油断はできない。住民大会で、當山嘉手納町長があいさつで述べた、計画を芽のうちに摘まなければならないとの指摘は、正しい。

 嘉手納町は、基地問題を最大の行政課題として位置づけ、これ以上の基地被害を許さない、基地被害の削減を求めている。1月9日の報道を受けての、沖縄防衛局・外務省沖縄事務所への要請や今年度の當山町長の施政方針は、配備計画への危機感の現れであり、CV22オスプレイの嘉手納基地配備阻止に向けた本気度が示されている。

CV22 オスプレイの嘉手納基地配備の報道について(要請)(クリックで嘉手納町HMへ)

當山嘉手納町長平成25年度施政方針(嘉手納広報)(同) 

 沖縄の、オスプレイ配備反対の声を挙げ続けなければならない。

posted by 福地行政書士事務所 at 17:33| 許すなオスプレイ配備

2013年04月21日

『CV22オスプレイの嘉手納基地配備に反対する』三連協住民大会に参加しました

三連協住民集会.JPG 今日、4月21日(日)午前11時、『CV22オスプレイの嘉手納基地配備に反対する』三連協住民大会が開催された。三連協とは、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会のこと。沖縄市、北谷町、嘉手納町の1市2町三連協住民集会 (4).JPGで構成されている。

 大会には沖縄市、北谷町、嘉手納町の住民はもちろん、近三連協住民集会 (3).JPG隣の読谷村、うるま市等の市町村住民が参加し、1600名が集結した。

 大会は、東門沖縄市長の開会挨拶に始まり、三連協首長・議会議長、新川第3次嘉手納基地爆音差止訴訟団長、新垣北中城村長らが挨拶し、大会決議採択を宮城嘉手納町婦人連合会長、締めのガンバロー三唱を渡久地北谷町議会議員が行なった。

三連協住民集会 (2).JPG 挨拶に立った各氏は、沖縄県民の反対の声を無視して普天間飛行場に配備されたMV22オスプレイに危機感を抱く。現時点では配備を否定するものの、何時計画が明らかになるか分からないという危機感を示し、計画案をつぼみのうちに芽を摘み、CV22オスプレイの嘉手納基地配備は絶対に許さない、計画を葬り去る決意を述べた。

 さらに、新川第3次嘉手納基地爆音差止訴訟団長は、嘉手納以南の米軍基地返還計画の内実は、嘉手納以北を安保の塵捨て場にすることを意味し、決して沖縄の基地負担にはならないと指摘した。これ以上の沖縄の基地負担を許してはならないし、さらに基地負担軽減に名を借りた基地強化を許してはならない。三連協住民集会 (7).JPG

 大会では、4月28日に開催される「屈辱の日」沖縄大会への参加が呼びかけられた。沖縄差別・無視の姿勢を示す政府主催「主権回復の日」式典への抗議姿勢を示すための大会だ。多くのみなさんの参加を呼びかけたい。

 これ以上の基地負担を許さない、基地削減を求める沖縄の声を、さらに声を上げ続けなければならない。

posted by 福地行政書士事務所 at 22:19| 許すなオスプレイ配備2

2013年04月18日

ボーリングのピン、昔は人が並べたり、片づけたりしていた!

これはおもしろい映像です。

@ボーリングのピンを人が並べたり、片づけたり

A紙芝居で過去の優勝者紹介?

posted by 福地行政書士事務所 at 08:33| お得情報

2013年04月17日

13日の淡路島での地震に続き、今日17日も地震〜脱原発以外に日本の進むべき途はない〜

 今月13日の淡路島付近(M6)での地震に続き、今日は三宅島付近(M6.2)で大きな地震があった。気象庁HMの推計震度分布図(クリックで同HMへ)によれば、3月には大きな地震は無かったものの、2月には北海道十勝地方中部(M6.4)と栃木県北部(M6.2)で大きな地震が発生していた。

 相次いで発生する地震の状況を見れば、脱原発以外に日本の進むべき途はない。

2011年3月11日東日本大震災を忘れるな!!!〜原発再稼働等の危険な動きを決して許してはならない〜!

posted by 福地行政書士事務所 at 19:28| 脱原発〜日本の進むべき途〜