2013年07月31日

オスプレイに関する県への、沖縄防衛局から回答に対する疑問@〜夜間飛行3件〜

 沖縄県からのオスプレイに関する確認事項について、7月30日沖縄防防衛局から回答があった。詳細は沖縄防衛局HM(クリックで同HMへ)で確認できます。

 回答内容はほとんど米軍の説明の伝達にすぎない。以下疑問点を指摘する。

1.6月10日,11日,12日の午後10時を過ぎての夜間飛行について

 これについては、6月14日に小野寺防相が記者会見で事実を認めた。(詳細は当HMオスプレイ運用違反実態(6月10日,11日,12日)日米両政府が初めて認める〜詳細な検証作業を〜参照)したがって、沖縄防衛局がどれ程の調査を実施するのか注目していたが、回答は以下のとおり空疎なものとなっている。

 夜間飛行の3件については、いずれも22時以降に普天間飛行場へ着陸したことを確認しておりますが、夜間飛行訓練について運用上必要な場合があるものの、できるだけ22時以降は飛行しないよう努力しているとの説明を米側から受けています。

上記回答は極めて不十分だ。以下の回答すべき事項が欠落している。

@米軍自体は、午後10時以降にオスプレイを飛行させたとの認識があるのか。

A「運用上必要な場合がある」とすれば、具体的にどのような場合か。

B6月10日,11日,12日のオスプレイの飛行は「運用上必要な場合がある」場合であったのか。

C「運用上必要な場合がある」場合であったとすれば、その判断は誰が行ったのか。

D「運用上必要な場合がある」とされるについて、明文化された判断基準はあるのか。

 極めて厳格な組織運営を心掛ける日本の国家公務員組織であれば、報告書があがって時点で、上記程度の指摘は当然に、なされるはずである。

 そして、そこから出発するのは、「運用上必要な場合がある」場合についての、日本側の検証作業だ。

 約束は守るためにあり、約束違反は厳しく罰されるべきである。6月10日,11日,12日のオスプレイの夜間違反飛行は明らかに約束違反であり、本来であれば、米軍は謝罪のうえ、再発防止策を沖縄防衛局に提示すべき義務を負う。

参考 騒音防止協定の実効性をあげるために必要なのは、その検証作業@

posted by 福地行政書士事務所 at 18:39| 許すなオスプレイ配備2

2013年07月30日

嘉手納米軍基地の早朝・夜間・深夜に及ぶ爆音の状況(2013年7月)

 嘉手納米軍基地の夜間・深夜・早朝の爆音状況は以下のとおり。29日現在で夜間・深夜・早朝に及ぶ爆音が発生した日数は10日。異常だ。

 爆音による健康被害は、50db超で就寝不可、60db超で血圧上昇、70db超で疲労原因、80db超で消化不良になるとされている。

 昼間はもちろん、夜間・深夜・早朝に及ぶ爆音暴露は地域住民に健康被害を及ぼしているのは明白だ。

 これでも、更に、沖縄に基地負担を強いる日米両政府を許してはならない。

夜間・深夜・早朝の爆音状況(7月29日現在)
 月 日  時 間 最高爆音値          (デシベル)
7.3 6:00 54
7.9 5:30 56
23:03 70
7.14 23:35 60
7.16 0:30 75
21:08 75
7.17 0:04 73
23:56 75
7.22 20:54 76
23:04 73
7.23 23:16 81(クリックで同記事へ)
7.24 0:04 62
7.25 21:59 77(クリックで同記事へ)
7.29 23:22 75

騒音の影響.jpg

参照当HM記事 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報

posted by 福地行政書士事務所 at 18:11| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報

2013年07月30日

昨晩(7月29日)午後11時22分 エンジン調整75db いい加減にしろ!!!

 嘉手納米軍基地。昨晩の爆音、29日午後11時22分、75dbを記録。いい加減にしろ!

            

7.29 2322.JPG騒音防止協定さえも守らない米軍と、守らせようという気概も見せない日本政府。「必要な最小限」というのなら、日本政府は、本当に「必要な最小限」か検証すべきだ。

 日米の立場が逆なら、米国は日本に対して検証作業を求めているはずだ。

嘉手納飛行場及び普天間飛行場における航空機騒音規制措置に関する合同委員会合意について(平成8年3月28日 外務省)

2200〜0600の間の飛行及び地上での活動は、米国の運用上の所要のために必要と考えられるものに制限される。夜間訓練飛行は、在日米軍に与えられた任務を達成し、又は飛行要員の練度を維持するために必要な最小限に制限される。部隊司令官は、できる限り早く夜間の飛行を終了させるよう最大限の努力を払う

posted by 福地行政書士事務所 at 08:14| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報

2013年07月27日

昨日7月26日、野嵩ゲートへの鉄柵設置について沖縄防衛局への抗議申入集会に参加しました

A.JPG

 参院選の翌日、沖縄防衛局は、普天間飛行場野嵩ゲートに、鉄柵を設置米軍普天間海兵隊基地の野ゲート鉄柵工事抗議申入れ.jpgした。オスプレイ配備に抗議する県民の民意を圧殺することを目的としていることは明らかだ。この行為に対して、7月26日正午沖縄防衛局前で抗議集会を開催するとともに、沖縄防衛局長あて抗議を申し入れた。

 集会・抗議申入れは普天間米軍爆音訴訟団主催であったが、第3次嘉手納基地爆音差止訴訟団をはじめとして多くの団体が参加し、ヘリパッド建設阻止の闘いを続けている東村高江からも参加した。

 オスプレイ配備阻止の闘いをさらに強化しなければならない。

防衛省が鉄柵設置 普天間基地・野嵩ゲート(琉球新報 動画) 

@.JPG普天間フェンス設置:市民と警官、未明の攻防(同) 

普天間新フェンスは「県民弾圧」防衛局に抗議(沖縄タイムス)

抗議市民に「トイレ貸さぬ」防衛局押し問答(同)  

 

posted by 福地行政書士事務所 at 18:25| 許すなオスプレイ配備

2013年07月26日

昨晩(7月25日)午後10時、またも爆音 いい加減にしろ(動画)!!!

posted by 福地行政書士事務所 at 15:52| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報

2013年07月26日

昨晩(7月25日)午後10時、またも爆音 いい加減にしろ!!!

 嘉手納米軍基地。昨晩、25日も午後10時前から爆音を撒き散らす。いい加減にしろ!!!

 騒音防止協定さえも守らない米軍と、守らせようという気概も見せない日本政府。「必要な最小限」というのなら、日本政府は、本当に「必要な最小限」か検証すべきだ。

 日米の立場が逆なら、米国は日本に対して検証作業を求めているはずだ。

7.25 2152.JPG

午後9時52分

7.25 2159.JPG

午後9時59分

7.25 2200.JPG

午後10時

動画は午後にUPします。

posted by 福地行政書士事務所 at 09:12| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報

2013年07月24日

昨晩(23日)殺人的爆音の後、24日0:04またもやエンジン調整が始まった いい加減にしろ!!!

 昨晩(23日)の殺人的爆音(殺人的爆音 昨晩(23日)は夜間80db超の爆音 いい加減にしろ!!!)の後、7月24日午前0時4分、またもやエンジン調整が始まった。

 60db超の爆音だ。健康被害は50dbで就寝できなくなり、60dbで血圧が上昇する。夜間深夜に80db超の爆音の後、鳴り響くエンジン調整の爆音。日米両政府は地域住民を殺すつもりか!!!

posted by 福地行政書士事務所 at 09:59| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報

2013年07月24日

殺人的爆音 昨晩(23日)は夜間80db超の爆音 いい加減にしろ!!!

 連日の夜間・深夜の爆音。昨晩(23日)は午後11時前から激しい爆音に襲われた嘉手納基地周辺住民。80db超。地下鉄の車内に匹敵する騒音。爆音以外は何も聞こえない。連日の爆音に基地周辺住民は不眠症状態だ。

7.23 2304.JPG

11時04分

7.23 2311.JPG

11時11分

7.23 2316.JPG

11時16分

7.23 2321.JPG

11時21分

80db超の爆音を聞いてください。

posted by 福地行政書士事務所 at 08:25| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報

2013年07月23日

夜間・深夜・早朝の爆音 日米両政府の横暴を糾弾せよ!!!

嘉手納米軍基地の爆音

くつろぐどころか、寝られない。連日の爆音に怒りが湧く!!!

7月22日午後8時54分ヘリのホバーリング音 76db超

 2013年7月22日連日の爆音だ。ヘリのホバーリング76d­bを記録。人体に消化不良を起こすほどの爆音。くつろぎの時間さ­えも保障されない嘉手納基地周辺住民の実態だ。

7月22日午後11時4分エンジン調整音 70db超

 ヘリのホバーリング爆音の後はエ­ンジン調整の爆音だ。時間は深夜11時。11時4分70db超。くつ­ろぐどころか寝られない。

7月23日午前6時 嘉手納米軍基地のキチガイ起床ラッパ!!!

 昨晩は深夜まで爆音が鳴り響き、今朝は大音量のキチガイ起床ラッ­パに眠りを妨げられる。日米両政府の横暴を糾弾せよ!!! 

posted by 福地行政書士事務所 at 09:14| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報

2013年07月19日

7.21参院選 あなたは誰を、どの党を選びますか。

 普天間飛行場問題についての、自民党県連と自民党本部との公約の違いは、単に“ねじれ”と表現するにはあまりにも隔たりが大きい。そのうえに、沖縄県選出の自民党議員は県民を裏切り始めている。

 既に、西銘恒三郎氏と島尻安伊子氏は普天間飛行場の辺野古移設推進を掲げ、自民党本部への忠誠を誓い、県民との約束を反故にしてしまった。

 さらに、崎政久氏や比嘉奈津美氏もその言動に変化が生じている。 

 宮崎氏は「・・現在の日米合意である辺野古移設案を含め、さまざまな案を模索し、検証していく」としている。すなわち、宮崎氏は、「辺野古移設案」が選択肢の一つであると認めている。

 また、比嘉氏も同様だ。比嘉氏は自らの公約は「県外移設を求める」ことだと指摘し、その実現ではないとしている。そのえで、「一議員に日米合意を覆せるだけの影響力はない」と県外移設は不可能だと断定している。

(参考 2013:7:1 7.21参院選を前に@沖縄選出自民党国会議員の変質〜注意喚起 自民党には任せられない〜

 東日本大震災による福島原発事故以降、脱原発が国策とされていたはずが、いつのまに再稼働申請手続きまで始まってしまった。脱原発以外に日本の進めべき途はない、のにである。口先だけの脱原発を唱える輩を選んではならない。

(参考 2013:7:8 脱原発以外に日本の進むべき途はない

 沖縄の基地問題と真正面から向き合っている党はどこか。

 今参院選においては沖縄の基地問題を争点として、真正面から取り上げているのは社民党、共産党、生活の党のみ。公明党は沖縄基地問題について言及していない 

 社民党・共産党を除く各党の沖縄の基地問題解決への関心度は極めて低い。自民・民主両党は日米合意推進を唱え、普天間飛行場移設問題については解決済みの姿勢だ。完全に思考停止状態。政府与党の公明党はさらに進み完全に無関心。

 日本維新の会は国防論議の前には沖縄の基地負担など甘受すべきだとでも言いたいのかと思えるほどにそっけない。

 みんな、みどり、新党大地は米国のご機嫌伺いの状況に陥っている。

 生活の党は普天間飛行場の辺野古移設中止を主張しているものの、その後の政策が見えない。変質する可能性、きな臭さを感じる。

 社民党、共産党が躍進する以外に沖縄の基地問題を解決する途はない。

(参考 2013:7:6 沖縄の基地問題と7.21参院選A(各党公約に見る沖縄への関心度)〜社民党、共産党が躍進する以外に沖縄の基地問題を解決する途はない。〜

2013:7:5 沖縄の基地問題と7.21参院選@〜あなたがウチナーンチュ(沖縄人)ならどうする?〜

posted by 福地行政書士事務所 at 17:37| 普天間飛行場の辺野古移設阻止