2020年01月31日

河野防相による米海軍MH−60ヘリコプターの墜落事故(2020年1月25日の)の矮小化を許すな!!!

 2020年1月25日に沖縄本島東沖で起きた米海軍所属MH60ヘリの墜落事故について、防衛省は「着水」と表現しているが、1月31日付沖縄タイムスによれば「米海軍安全センターは(同事故を)被害総額が200万ドル(約2億2千万円)以上の最も重大な事故(クラスA)に分類し、事故の概要についても事故機は日中の飛行中に外洋に「墜落(went down)」したとし、全ての乗組員は救助された」と説明しているという。

 これに関して河野防相は「パイロットのコントロールの下に水に降りた」から「着水」と表現したとする。しかしコントロールを失ったから海上に降りざるを得なかった、しかもその態様はクラスAの事故。これが着水か。

 防衛省の、事故態様を矮小化するための言葉遊びにはいつもあきれるばかりだ。防相は事故態様は調査中と回答している。事故を矮小化する政府の姿勢を徹底追及しなければならない。

防衛大臣記者会見(令和2年1月28日)クリックで同HMへ

(該当部分を抜粋)

Q:25日に沖縄本島東部で発生した米海軍MH−60ヘリコプターの着水事故について、事故原因と防衛省の対応をお願いします。

A:沖縄の東側90マイルでしょうか、パイロットのコントロール下で米軍のヘリが着水をしました。搭乗員5人共に救助されたと聞いております。その着水に至った原因等は、おそらく米軍で調査中ということだろうと思いますが、同型機の飛行前の徹底した点検等は、米軍もやっているということであります。5名の容体については、必要なら後で事務方にお問い合わせください。

Q:沖縄での米軍機事故について、事故発生後、防衛省の報道については「着水した」という表現でしたが、米軍側の発表では事故機は「went down」というふうになっておりまして、これは「着水」の他にも「墜落」という表現もできるかと思いますが、「墜落」と「着水」では日本語としての受け止めがだいぶ異なってくると思うのですが、大臣としては防衛省の報道の「着水」という表現は適切な表現だったと思いますでしょうか。

A:パイロットのコントロールの下に水に降りた。そこに陸があれば、「着陸」ということができたのだろうと思いますが、沖縄から90マイル離れた、90マイルということは100数十キロですから、コントロール下にあったが、水の上に降りざるを得なかったということで、「着水」という表現をしたのだと思います。私も聞いて、特に違和感はありませんでした。

Q:事故そのものを過小評価しているという指摘は当たらないということでしょうか。「墜落」と「着水」の違いについて。

A:墜落というと、どちらかというとコントロールを失って落ちるというイメージなのではないでしょうか。

Q:米軍では調査中ということですが、コントロール下にあったという説明は、防衛省としては受けているということでしょうか。

A:はい。

Q:そこに落ちてしまった理由についてはまだでしょうか。

A:調査をしていると理解しております。

posted by 福地行政書士事務所 at 13:23| トップページ

2020年01月27日

沖縄市役所の真上を通過するF15 3機)2020年1月27日午後3時37分嘉手納米軍基地。爆音と排気ガスを撒き散らし、住民地域上空で違反飛行を繰り返す米軍戦闘機F15。危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

 沖縄市役所の真上を通過するF15 3機)2020年1月27日午後3時37分嘉手納米軍基地。爆音と排気ガスを撒き散らし、住民地域上空で違反飛行を繰り返す米軍戦闘機F15。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

SNS用  20200127153740 (11).jpg

posted by 福地行政書士事務所 at 17:54| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10

2020年01月27日

2020年1月24日全国基地爆音訴訟原告団連絡会議による政府要請行動B〜国の回答等(特に私が気になって点について)〜

 2020年1月24日の全国基地連の要請に対する防衛相、外務省、国交省、環境省の回答等は以下の内容でした。(あくまでも私の記憶に沿って)

【防衛省回答】

 我が国における米軍施設区域の円滑かつ安定的使用の確保は、我が国の防衛にとって極めて重要だが、周辺住民にとって航空機騒音は深刻な問題であり、飛行場周辺の騒音軽減は重要な課題であると認識している。・・・飛行の安全性と周辺住民・・への影響が最小限となるようできる限り折衝を講じている。米軍に対しては引き続き、航空機騒音規制措置の順守を求めるなど、航空機の運用にあたっては周辺住民への影響を最小限となるよう努力する。

 一般に、米軍が飛行訓練を通じてパイロットの技能の維持向上を図ることは、即応体制という米軍の機能を維持する上で不可欠であり。日米安全保障条約の目的達成のためにも極めて重要。他方、米軍がまったく自由に飛行訓練を行っていいわけではなく、我が国の公共の安全に妥当な配慮を払って活動すべきである。様子 SNS用 IMG_1740.jpg

 米軍機の飛行に際しては、安全の確保が大前提であり、引き続き米軍に対し、安全面に最大限配慮しつつ、地域住民に与える影響を最小限にとどめるよう求める。

 

【全国基地連の再質問】

 これまでの判決は、日米安保条約上の日米の立場について、「日本政府は米軍の航空機運航などを規制、制限することができる立場にない」と判事している。さらに、国も、裁判において同様の主張をしている。

 ところが、要請における国の回答と判決及び国の裁判での主張とでは雲泥の差があります。

 「被害が最小限となるようにすべきである」とか、「米軍がまったく自由に飛行訓練を行っていいわけではなく、我が国の公共の安全に妥当な配慮を払って活動すべきである」と回答している。この回答の法的根拠について伺いたい。

 

【再質問に対する回答 防衛省】

 これは当然のことであって、騒音規制措置(日米合同委員会合意事項)や日米地位協定の日本国法例尊重義務(地位協定16条)から導かれることである。 

 この後、騒音規制措置が守られていないから、米軍がやりたい放題やっているから、こういう場を設けたんだ。等の発言が出された。防衛省側からは「米軍は騒音規制措置を遵守している」などの発言があったが、防衛省の十分な回答を得ることなく時間切れとなった。次回要請行動への引継課題となった。

 この他にもPFOS等の問題も議題になった。環境省からは東京都の調査で横田基地からのPFOS等の検出の結果を受けて、全国調査を実施することになったという。

 基地被害に対する国の機敏な対応、被害除去に向けた行動促進のためにも要請行動に力を入れていかなければならないと感じた。

posted by 福地行政書士事務所 at 14:51| トップページ

2020年01月27日

2020年1月24日全国基地爆音訴訟原告団連絡会議による政府要請行動A〜要請内容〜

 2020年1月24日の全国基地爆音訴訟原告団連絡会議(全国基地連)による政府要請行動。要請に参加た省庁は、防衛相、外務省、国交省、環境省でした。

 要請は以下の内容です(抜粋しました)。

SNS用 要請書交付 IMG_1739.jpg1.基地の運用について,全国一律の基準を設けること。

2.全国の基地周辺地域住民に良好な生活環境を提供するために設けられた日米合同委員会合意事項や協定・確認事項を守らせること。

・・・

4.裁判所が下した全国の基地訴訟判決を尊重し,違法状態を解消するために,さらなる基地周辺住民への被害軽減策を講じること。

・・・

7.日米地位協定について,米軍が駐留している欧州各国で米国と結ばれている地位協定を参考にして,米軍に日本の国内法を遵守させる内容に改定すること。

・・・

9.日本の空域の航空管制を,すべて日本政府が責任をもって行うこと。・・・

・・・

10.米軍から提出されたフライトプランの承認は誰が行っているか明らかにすること。・・・

11.異常に事故率が高く,危険極まりない欠陥機MV-22オスプレイ,CV-22オスプレイの運用,配備,飛来を止めさせること。

・・・

13.本年1月23日の東京高等裁判所における第9次横田基地公害訴訟判決,及び,1981年以降,全国の軍事基地周辺住民が起こした同様の裁判で45回も示されてきた判決内容を踏まえて,軍事基地周辺における航空機騒音等による被害の解消に向けて,日本政府は,今後どのような対策をとっていこうと考えているのか,明らかにすること。

 

posted by 福地行政書士事務所 at 13:29| トップページ

2020年01月26日

2020年1月24日全国基地爆音訴訟原告団連絡会議による政府要請行動@〜全国基地連について〜

 2020年1月24日全国基地爆音訴訟原告団連絡会議(全国基地連)による政府要請行動に参加しました。

 日本全国には米軍・自衛隊基地から派生する爆音被害の根絶(飛行差し止め等)を求めて、裁判を提訴している原告団が八つあります。全国基地連はその連絡会議です。

 加盟している原告団は以下のとおりです。

全国基地連加入原告団
@第2次普天間米軍基地から爆音をなくす訴訟原告団(沖縄県)
A第2次新横田基地公害訴訟原告団(東京都)
B第三次嘉手納基地爆音差止訴訟原告団(沖縄県)
C岩国爆音訴訟原告団(山口県)
D第9次横田基地公害訴訟原告団(東京都)
E第5次・6次小松基地爆音訴訟原告団(石川県)
F第5次厚木基地爆音訴訟原告団(神奈川県)
G新田原基地爆音訴訟原告団(宮崎県)

SNS用縮小 全国の爆音訴訟(94.8kb)_001.jpg

 第9次横田基地公害訴訟原告団の控訴審判決の翌日、全国基地連で政府要請を行いました。要請した省庁は、防衛相、外務省、国交省、環境省です。(要請内容、各省庁の回答については続く)

SNS用 要請書交付 IMG_1739.jpg

様子 SNS用 IMG_1740.jpg

posted by 福地行政書士事務所 at 16:59| トップページ

2020年01月26日

2020年1月23日第9次横田基地公害訴訟控訴審判決に参加しました

 2020年1月23日に言い渡された、第9次横田基地公害訴訟控訴審判決に参加しました。結果は以下のとおり

旗だしSNS用IMG_1728.jpg
@米軍機及び自衛隊機の飛行禁止等
           認めず(一審同様)
A過去分の慰謝料請
     認容(一審同様)

B将来分の慰謝料請求
       認めず(一審同様)

C建物への防音工事施工による減額割合
         一律10%
※一審よりは前進。一
審では1室10%、2室目以降5%加算、上限30%。外郭防音工事は一律30%)

 今回の判決も過去の判例にならい、原告住民の願いであるせめて夜間飛行差し止めは実現しませんでした。

 判決報告集会においても、裁判所は周辺住民が基地被害に晒されている認めながら、侵害行為の防止低減をも求める夜間飛行差し止めさえも認めないこと、日本政府が被害を根本的に解消する方策を取らず、徒に被害を放置する中、過去44年以上も裁判を提訴し続けなければならないのに、将来請求さえも認めないことは原告救済の意思を持たない裁判所の姿勢の表れであると、厳しく指摘しています。

 報告集会に結集した全国の爆音訴訟原告団。原告救済の途を閉ざす判決に怒りが渦巻きました。

 全国の爆音訴訟原告団は諦めることなく闘いを強化していくことを誓い合いました。

入廷前の様子SNS用IMG_1721.jpg

posted by 福地行政書士事務所 at 16:03| 第3次嘉手納基地爆音差止訴訟等訴訟、爆音関連

2020年01月23日

2020年1月22日午後9時20、30分81.5dB嘉手納米軍基地。深夜の凄まじい異常爆音をまき散らし、米軍機(E3か?)が離陸。そして異常爆音がまき散らされる。睡眠妨害、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

 2020年1月22日午後9時20、30分81.5dB嘉手納米軍基地。深夜の凄まじい異常爆音をまき散らし、米軍機(E3か?)が離陸。そして異常爆音がまき散らされる。

 睡眠妨害、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

posted by 福地行政書士事務所 at 06:17| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10

2020年01月17日

1.17嘉手納第1ゲート前 外来機飛来糾弾、辺野古新基地阻止、嘉手納基地撤去等抗議集会(毎月第3金曜日 平和運動センター・中部地区労・嘉手納爆音共催)に参加しました

団長あいさつ IMG_1670.jpg

 2020年1月17日、今年第1回目の嘉手納第1ゲート前 外来機飛来糾弾、辺野古新基地阻止、嘉手納基地撤去等抗議集会(毎月第3金曜日 平和運動センター、中部地区労、嘉手納爆音共催)に参加しました。

 あいにくの雨の中、70名余の仲間が結集しました。昼夜を問わず、正月も関係なく、爆音・排気ガス等の米軍基地被害を受けている原告団2万2千人余の怒りをぶつけました。 

 静かな夜を返せ! 外来機は来るな! 辺野古新基地阻止! 静かな夜を返せ! 米軍は沖縄から出て行け!

 怒りのシュプレヒコールが響きました。

 団結ガンバロー!!!

シュプレヒコール IMG_1661.jpg

団結ガンバロー IMG_1694.jpg

posted by 福地行政書士事務所 at 17:53| 第3次嘉手納基地爆音差止訴訟等訴訟、爆音関連

2020年01月15日

F15が3機沖縄市役所付近住民地域上空を通過)2020年1月15日午後2時28分嘉手納米軍基地。沖縄市住民地域上空で、延々と違反飛行を繰り返す米軍戦闘機F15。危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

 F15が3機沖縄市役所付近住民地域上空を通過)2020年1月15日午後2時28分嘉手納米軍基地。沖縄市住民地域上空で、延々と違反飛行を繰り返す米軍戦闘機F15。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

posted by 福地行政書士事務所 at 16:13| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10

2020年01月15日

沖縄市役所の真上を通過)2020年1月14日午後4時22、26、35、44、48分嘉手納米軍基地。沖縄市住民地域上空で、延々と、爆音と排気ガスを撒き散らし違反飛行を繰り返す米軍機P8。生活環境破壊、人権侵害だ!

 沖縄市役所の真上を通過)2020年1月14日午後4時22、26、35、44、48分嘉手納米軍基地。沖縄市住民地域上空で、延々と、爆音と排気ガスを撒き散らし違反飛行を繰り返す米軍機P8。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

posted by 福地行政書士事務所 at 13:05| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10