2020年09月30日

フクチ義広後援会からのお知らせ

フクチ義広後援会  からのお知らせ

  このたび、私、フクチ義広は嘉手納町を爆音等の基地被害の無い、平和な町にしたいとの思いから行動を起こすことを決意いたしました。そこで、私の思いを実現するため「フクチ義広後援会」を立ち上げました。 

 コロナ禍のさ中恐縮ではございますが、このチラシ(私の思いについては裏面に掲載)にご興味をいただき、詳しい内容をご希望される方は、下記までご連絡いただければ後援会資料を送付させていただきます。 

 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 なお、当後援会のHPでもご覧になれます。またPDFでも掲載しましたので、ご利用ください。

後援会内部資料(20200922).pdf

HP名 フクチ義広後援会(クリックで同ページへ)

   http://www.office-fukuchi.jp/category/2115706.html

※後援会ページ開設しました。どうぞご利用ください。


 後援会資料希望の方はこちらまでご連絡
    携 帯 電 話:090-8666-1195
 
    メールアドレス:office-fukuchi@castle.ocn.ne.jp

(後援会資料からの抜粋)

1.子育て環境について

(1)より良い生活・学習環境を求めて

 嘉手納町の子育て環境の制度面は極めて先進的です。中学までの医療費無償、給食費の町費負担など財政的支援は充実しており、さらに嘉手納外語塾運営、中学生の町費留学制度、小学生の大山町との交流などは、子どもたちの人格形成に大きく寄与していると思います。

 しかしながら、その生活環境、学習環境は日本国内でも最悪と言っても過言ではありません。

 早朝昼夜深夜未明と一日中まき散らされる爆音は子どもたちの学習環境を悪化させています。授業中の先生の声が聞こえないのは日常茶飯事で、帰宅後の自宅での学習場面でも団らん時間、夜間深夜の凄まじい異常爆音の中での学習を強いられています。

 さらに生活リズムの面からもその確立を妨げる面があることも指摘しておかなければなりません。爆音による睡眠妨害は看過できず、特に乳幼児期については十分な睡眠が健やかな成長を支えます。子どもたちの健やか成長に欠かせない睡眠の問題は無視できません。

2.町民生活の向上にむけて

 (1)町人口の減少傾向に歯止めを

・・・町人口は、1万3千台を維持しながらも、状況は減少傾向です。・・・周辺自治体が人口増加傾向にある中、嘉手納町は1万3千人台で推移しています。周辺自治体に比べて、人口減少傾向にあり、極めて特徴的であると言えます。人口の減少は町全体が縮小傾向にあることを指摘しなければならなりません。

嘉手納町HP動画「嘉手納町の基地被害」では町の現状について、次のように指摘します。「・・・町民は、残されたわずか2.64平方キロメートルの中でひしめき合った生活を余儀なくされ、生活や生産の基盤となる空間の確保もままならず、町の活性化を図る上で大きな制約となっています。」 

・・・嘉手納町以外の市町村は米軍基地が返還され、生活や生産の基盤となる空間の確保が進んだ結果人口が増加しています。嘉手納町の最大の行政課題である基地問題可決策は基地の返還であり、基地返還によって「生活や生産の基盤となる空間の確保」こそが町政の重要課題とすべきです。

フクチ義広後援会 
HP http://www.office-fukuchi.jp/category/2115706.html

携 帯 電 話:090-8666-1195 

メールアドレス: office-fukuchi@castle.ocn.ne.jp

posted by 福地行政書士事務所 at 11:00| トップページ

2020年09月28日

9.28更新)在沖米軍新型コロナウイルス感染、あらたにキャンプフォスター1名 9月26日現在合計406名

 9月26日現在、在沖米軍新型コロナウイルス感染者数が合計406名となった。在沖米軍基地内での感染はまだ収まらない。(9月27日は米軍関係者は感染者数0)

 9月に入り10日間感染者ゼロだったが、ここにきて感染者が確認されている。

 在沖米軍基地内クラスターの県内拡大を阻止しなければならないが、そのためには基地従業員及び基地関連職種に従事する市民県民のPCR検査を実施し、陽性者を隔離する措置を取らなければならない。

 県は27日、新たな新型コロナウイルス感染者を20名と発表。これで県内累計感染者は2427名。

 基地内外を問わず沖縄県の新型コロナウイルス感染者数の収束は見えない。

 県はコロナ感染症の警戒レベルを「感染流行期(第3段階)」を維持すると発表した。予防対策の徹底し、県全体でのコロナ封じ込め策を実施する必要がある。まだまだ、油断はできない。

以下は米軍感染者数。報道発表をもとに作成しました。

  3月から8月20日
までの合計
8月 9月 合計
  21 22 23 25 26 27 28 29 31 4 5 6 10 11 21 22 24 26
@嘉手納基地(四軍) 28         1名(基地従業員)   1 5   1 1 緊急事態宣言を解除 2
1       40
Aキャンプマクトリアス(海兵隊)
1           1                       2
B普天間基地(海兵隊) 114        1       1               1   117
Cキャンプハンセン(海兵隊) 163    2 1                             166
Dキャンプキンザー(海兵隊) 3           1   1             1
    6
Eキャンプフォスター(海兵隊) 9         1   7 2             1   1 21
Fホワイトビーチ(海軍)    1                                   1
Gキャンプコートニー  36 1  3 2   1   2 1 1                 47
Hキャンプシュワーブ(海兵隊)         2     1 1       1           5
Iトリイステーション(陸軍)             1                       1
355 1  5 3 3 3 3 11 11 1 1  1 1  2 1 2 1 1 406

参考)8.20更新)在沖米軍新型コロナウイルス感染、あらたにキャンプコートニー4名 8月20日現在合計355名

新設ページ「新型コロナウイルス感染関係」

(番号入り)8.27.png

posted by 福地行政書士事務所 at 17:02| 新型コロナウイルス感染関係

2020年09月23日

米軍ヘリ2機違反飛行)2020年9月23日午後3時20分嘉手納米軍基地。嘉手納町人口周密地域上空で、爆音と排気ガスをまき散らし違反飛行を繰り返す米軍ヘリ。危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

 米軍ヘリ2機違反飛行)2020年9月23日午後3時20分嘉手納米軍基地。嘉手納町人口周密地域上空で、爆音と排気ガスをまき散らし違反飛行を繰り返す米軍ヘリ。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

posted by 福地行政書士事務所 at 17:56| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10

2020年09月22日

米軍ヘリ2機違反飛行)2020年9月22日午後6時54分、7時10分嘉手納米軍基地。嘉手納町住民地域上空で、爆音と排気ガスを撒き散らし違反飛行を繰り返す米軍ヘリ。危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!

 米軍ヘリ2機違反飛行)2020年9月22日午後6時54分、7時10分嘉手納米軍基地。嘉手納町住民地域上空で、爆音と排気ガスを撒き散らし違反飛行を繰り返す米軍ヘリ。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!

posted by 福地行政書士事務所 at 23:31| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10

2020年09月22日

新しいページ「フクチ義広後援会」を新設しました。どうぞご利用ください。

 新しいページフクチ義広後援会を新設しました。どうぞご利用ください。

posted by 福地行政書士事務所 at 17:00| トップページ

2020年09月22日

夜間米軍ヘリ違反飛行)2020年9月21日午後6時55分、7時16分嘉手納米軍基地。嘉手納町住民地域上空で違反飛行を繰り返す米軍ヘリ。危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!

 夜間米軍ヘリ違反飛行)2020年9月21日午後6時55分、7時16分嘉手納米軍基地。嘉手納町住民地域上空で違反飛行を繰り返す米軍ヘリ。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!

posted by 福地行政書士事務所 at 11:33| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10

2020年09月22日

米軍ヘリ違反飛行)2020年9月21日12時50分、午後1時12分、2時45分、3時47分嘉手納米軍基地。嘉手納町住民地域上空で違反飛行を繰り返す米軍ヘリ。危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!

 米軍ヘリ違反飛行)2020年9月21日12時50分、午後1時12分、2時45分、3時47分嘉手納米軍基地。嘉手納町住民地域上空で違反飛行を繰り返す米軍ヘリ。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!

posted by 福地行政書士事務所 at 11:07| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10

2020年09月22日

F15 4機離陸)2020年9月21日午前11時56分嘉手納米軍基地。凄まじい異常爆音と排気ガスを撒き散らし米軍戦闘機が延々離陸。生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!

  F15 4機離陸)2020年9月21日午前11時56分嘉手納米軍基地。凄まじい異常爆音と排気ガスを撒き散らし米軍戦闘機が延々離陸。生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!

posted by 福地行政書士事務所 at 10:44| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10

2020年09月20日

2017年05月04日記事)沖縄の空はうちなーんちゅのもの。沖縄は二度と騙されてはならない〜嘉手納・普天間・那覇3飛行場飛行場の管制空域から見る沖縄の基地問題〜

 飛行場には管制空域が設定されている。管制空域は 、飛行機の安全のために指定されるもので、管制区に指定された空域においては、一定の規制が掛けられ、飛行場による管制業務が提供され、航空交通の安全と秩序ある流れが維持されている。つまり、当該管制空域では、管理する飛行場管制官の指示がなければ飛行できないし、飛行場での離発着もできないことになる。

 嘉手納・那覇両飛行場空港に挟まれる普天間飛行場30%.jpg嘉手納・普天間・那覇の3飛行場(以下単に嘉手納、普天間、那覇という)も同様だ。管制空域は飛行場から半径9qの円だ。左図のとおりだ。

 嘉手納・普天間の距離は約10km、そして普天間・那覇の距離も約10km。普天間の管制空域は嘉手納・普天間と重なりあう。

 普天間は、嘉手納・那覇の管制空域に挟まれている。そのため普天間飛行場の空域は円ではなくいびつな形になる。同時に、嘉手納・那覇も普天間の管制空域のために制限を受けている。

 現在、普天間周辺では嘉手納基地所属機の飛行はあまり見られない。それはこの空域制限のためだ。その証左に嘉手納・普天間両空域が重なる宜野湾市漁港周辺では普天間のヘリが飛んだかと思うと、嘉手納基地所属戦闘機等が上空を通過する。

 在沖海兵隊にとって、普天間は十分に空域が確保できない、極めて使い勝手が悪い飛行場であり、嘉手納・那覇にとっても迷惑な存在だ。

 沖縄の米軍基地再編の意味は、この使い勝手の悪い空域問題の解決にある。使い勝手が悪い普天間を辺野古に移し、十分な空域を確保することだ。

 沖縄の基地負担軽減などではないことは、右図の辺野古新基地建設後に設定されると予想される管制空域図(下図)を見れば明白だ。嘉手納・普天間・那覇の3飛行場がそれぞれ空域を確保する。

 さらに、北部は辺野古・高江・伊江島を結ぶ北部全土は、米軍訓練地帯と化す。

 沖縄の米軍基地再編の目的は沖縄の基地負担軽減などではない。沖縄をして日米同盟の発進基地として、米軍の訓練基地として、不沈空母化しようとする目論見がそこにはある。

 沖縄は騙されてはならないし、そのためには基地の全面撤去の闘いを強化しなければならないのだ。 

基地と空域.jpg

 米軍の在沖米軍基地編計画に、沖縄の基地負担軽減の文言などないはずだ。

 誰が、沖縄の基地負担軽減などと言い出したのか。本来の目的を隠すために画策し、沖縄を騙し、200年の耐用年数を持つ米軍基地を辺野古に作り、そこに普天間を移設させようと目論むのは誰なのか。

 辺野古新基地建設阻止。沖縄は二度と騙されてはならないのだ。

posted by 福地行政書士事務所 at 14:14| トップページ

2020年09月17日

2020年9月16日午後6時5分、9時53分嘉手納米軍基地。嘉手納町住民周密地域上空で爆音と排気ガスをまき散らし違反飛行を繰り返す米軍機MC130、米軍ヘリ。危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!!!

 2020年9月16日午後6時5分、9時53分嘉手納米軍基地。嘉手納町住民周密地域上空で爆音と排気ガスをまき散らし違反飛行を繰り返す米軍機MC130、米軍ヘリ。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ。米軍は沖縄から出て行け!!!

 

posted by 福地行政書士事務所 at 16:12| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報10