2010年08月23日

夏の甲子園 興南高校の春夏連覇に湧く沖縄

 夏の甲子園は興南高校の優勝で幕を閉じた。選抜優勝に続く春夏連覇。チームが一丸となって戦った結果であるのはもちろんであるが、最大の立役者はなんといいっても島袋投手である。選抜優勝の後に、更に磨きをかけた投球術はお見事。更に、点を取られても乱れることのない集中力は圧巻である。

 野球は点とりゲーム。最後に1点リードして勝てばいいのである。どんなピンチでも最少失点に抑え、味方の攻撃を待つ。どんなピンチでも、先取点を取られても最善を尽くして相手を抑える。「必ず点をとってやるから」とのチームメートの声に支えられと島袋は話していたが、チームの力を信じて、全員がプレーする。興南高校の強さがこの前向きな姿勢に支えられていることは間違いないだろう。

 我如古主将は言う「私生活はどこのチームにも負けないから、どんな大舞台でも平常心でできる。」

 技を磨ぐための厳しい練習はどこのチームでもやっていること。日ごろの練習で、勝つための技術を身につけていなければ試合には勝てない。練習で身に付けた以上の力を発揮することは無理。当然である。だから、細かいところまでチェックをして技術を磨くのである。

 そして、更に必要なのは練習で身に付けた成果を試合で発揮すること。勝つためにはこれが必要だ。そのために必要なのは、どんな舞台でも揺れることのない平常心。これを培うために興南高校では私生活を重視しているという。どんな大舞台も日常生活の延長線上にある。やるべきことをきちんとやれる姿勢が必要である。

 勝って奢らず、負けて卑屈にならず。やるべきことに直向きに取り組んでいく。1日1日の積み重ねが大事なのである。当たり前のように言われていることであるが、実行するはなかなか難しい。

 ここまで来ると指導者の力が極めて大きいことが分かる。我喜屋監督がどのような指導をしているのか興味のあるところであるが、報道されている内容によれば、寮での消灯時間の徹底など生活面への厳しい指導があったという。

 沖縄で旧盆を迎え、グソウ(あの世のこと)から帰省してくる祖先を迎える季節である。昨日22日がウンケー(お迎え日)。野球好きの祖先も含めて、興南高校の優勝に浸り、賑やかな交流が行われに違いない。

posted by 福地行政書士事務所 at 09:00| お得情報
2010年08月21日

夏の甲子園 興南高校が東海大相模を破り優勝 春夏連覇を達成!!!

 今日、8月21日、沖縄県代表の興南高校が東海大相模高校を、13対1で破り、春夏連覇を果たした。

 今日の興南島袋をピッチングは冴えていた。沖縄県大会から甲子園を通じて、一番良い投球だったように思う。伸びのあるストレートに加え、変化球も切れていた。序盤は両チームともチャンスを潰す展開が続いた。 島袋に関していえば、危なげない投球が続く。ランナーを出してもここ一番の投球は見事な集中力で切り抜ける。

 4回の集中打は見事。どんなピッチャーでもビッグイニングを作っていく集中力は見事だ。今日も見事だった。

 攻守がかみあった試合展開は決勝戦まで健在。大量得点の次の試合は打てなくなることが多いが、興南高校に関してはそんな心配は感じさせない。どうすればこれだけコンスタントに打てるチーム作りができるのか。我喜屋マジックと言われるゆえんだ。

 県勢初の夏の甲子園の優勝。同時に、初の春夏連覇。心から拍手を送りたい。

posted by 福地行政書士事務所 at 15:28| お得情報
2010年08月20日

夏の甲子園 興南高校が報徳学園を破り決勝進出!!!

 今日、8月20日、沖縄県代表の興南高校が報徳学園を、6対5で破り、決勝進出を果たした。

 序盤の1,2回で大量5点を失った興南島袋。ブルペンでは控えの砂川が投球練習。今日は継投の時期が試合を左右するかと思われた。しかし、3回からはランナーは出すものの追加点を許さない。中盤には前の試合で投げた川満も投球練習を始めた。 やはり継投かと思われたが、ピンチでの集中力は今日も健在、島袋は最後まで投げ抜いた。

 島袋を支える守備も際立った。6回の表の左中間の長打コースを3塁で刺したプレーや9回裏の先頭バッターの当たりをファインプレーで処理したセカンド国吉のプレーは、島袋を救った。

 終わってみれば6対5。序盤の5点を中盤以降にひっくり返した興南の攻撃はお見事。相手のミスを突いていく集中力は見事だ。

 残るはあとひとつ。

 春夏連覇を目指して、がんばれ興南高校!!!  

 

posted by 福地行政書士事務所 at 14:55| お得情報
2010年08月18日

夏の甲子園 興南高校が聖光学院高校を破りベスト4入り!!!

  今日、8月18日、沖縄県代表の興南高校が聖光学院高校を、10対3で破り、ベスト4入りを果たした。

  疲れの見える島袋を攻め、序盤で聖光学院が連打で3点を先取。試合の主導権を握るかにみえた。しかし、興南もすぐに追いつき加点していく。今日は仕事の都合で8回からしか観戦できなかったが、8回裏の攻撃は見事だった。2死からの3点はまさに興南の強さを発揮した。

 島袋が調子が悪くても、攻撃で取り返していく、まさに攻守がうまくかみ合た興南高校の強さを見せつけた試合だった。

 春夏連覇が現実味を帯びてきた。

 がんばれ興南高校!!!

 

posted by 福地行政書士事務所 at 16:16| お得情報
2010年08月18日

夏の甲子園 興南高校が仙台育英高校を破りベスト8入り!!!

 昨日、8月17日、沖縄県代表の興南高校が仙台育英高校を、4対1で破り、ベスト8入りを果たした。

 ナイターとなった試合は序盤に興南が4点を先取し、完全に興南ペースになるかと思われた。しかし、昨日の試合は島袋の調子が今一つ。ストレートは走っているものの変化球が決まらない。疲れによる握力不足なのか、すっぽ抜けるような投球が目立った。仙台育英も調子が今一つの島袋にランナーを出すもののタイムリーが出ない。島袋の投球術の前に残塁が続く。

 最大の山場は7回の裏仙台育英の攻撃。制球の定まらない中、2死満塁のピンチ。いつもなら牽制球や間合いを長く取るなどして打者と駆け引きする余裕の島袋が、この回は、少し様子が違った。疲れのせいもあるのか明らかに投げ急ぎの感がある。

 最大のピンチに内野がマウンドに集まった。サードの我如古が島袋に声をかけ、スコアボードを指差した。3点取られても同点だ。こんな会話を交わしたに違いない。3点リードしての満塁のピンチである。ホームランでもでなければ逆転はない。

 発想の転換である。野球は点とりゲームである。最後に1点でも多く取った方が勝ち。となれば投手は長打を警戒してのピッチングに徹すればよいのである。

 そんなことを考えながら画面に釘づけになっていたら、見事にピンチを切り抜けた。

 最高の試合である。4対1のスコアを感じさせない。見ている者にとっては1点差ゲームのような緊張感のある試合だった。

 次は、今日、午後から聖光学院戦である。

 がんばれ興南高校!!!

posted by 福地行政書士事務所 at 08:08| お得情報
2010年08月17日

ルームランナー

これ家庭用ですか!?プロ大絶賛の自宅ランニングマシン!

ひざに負担が少ない☆ウォーキングマシン☆2年保証付 

  ルームランナー

<<お客様の声から作ったルームランナー!>>

「モーターから煙が…」

  「走行中に割れた…」

    「修理してもらえない…」 

      そんな格安品で失敗した方もご安心下さい!!!!

スポーツインストラクターも仰天!?

  「これ、業務用ですか?」を連発!

ちょっとしたウォーキングからフルマラソン完走を目指す本格的な方まで対応外は

   【寒い】【暑い】【花粉で大変】【紫外線が】【夜は怖い】【車邪魔】など

    危険がいっぱい…自宅ならノーメイクでもOK

     ☆人目を気にせずできます☆

                             ランニングマシーン

posted by 福地行政書士事務所 at 11:46| お得情報
2010年08月15日

夏の甲子園 16強入りした興南高校の次の相手は仙台育英高校

 今日の第3試合、仙台育英と延岡学園は、延長戦の末10対7で仙台育英が勝ち、17日(火)の第4試合で、ベスト8をかけて興南高校と対戦することになった。

 延岡学園が勝てば九州勢同士の戦いとなったが、仙台育英が接戦を制し、興南高校との対決が決まった。

 今大会のこれまでの経過を見ると、大量得点の試合が目につき、打高投低の様相を呈している。しかし、これからは好投手の登場となってくるので、大量得点は望めない試合が続くにちがいない。その中でも興南高校の島袋の投球は際立っている。

  春夏連覇を目指して、 がんばれ興南高校!!!

 

posted by 福地行政書士事務所 at 18:40| お得情報
2010年08月15日

夏の甲子園 興南高校が明徳義塾高校を破り16強入り!!!

 今日、8月15日、沖縄県代表の興南高校が明徳義塾高校を、8対2で破り、16強入りを果たした。

 午後0時過ぎに始まった試合は、興南高校の先取点で始まったものの、明徳打線は島袋を捉え、連打で再三のチャンスを作る。が、島袋のピッチングの前になかなかタイムリーが出ない。序盤はストレート中心で攻めながら、中盤からは変化球中心へと変えていく。終わってみれば12三振を奪う好投。しかも、そのほとんどが、ピンチ時の、三振が欲しい場面での好投である。試合後の明徳馬渕監督の「(島袋の)のらりくらりの投球にやられた」とのコメントは、まさに、勝負どころで、的を絞らせない投球術を見せた島袋の技術の高さを示している。ランナーがいない場面では打たせて取り、ランナーが出ると一気に勝負にいく。メリハリのある投球が明徳打線に的を絞らせなかった。

 打線も好調である。明徳との試合ではビッグイニングでの大量得点はなかったものの、チャンスでは確実に点を取っていく。1,2点の積み重ねが終わってみれば8点になっていたという感じである。点を取られても取り返してくれる打線があれば、投手も楽に投げられる。しかも、県大会からほとんど毎試合ホームランが出ているが、いつも、違う選手が打っているのが特徴的だ。上位から下位までどこからでも攻撃できる打線は脅威だ。今日の明徳戦も先発全員安打である。

 好守がうまくかみ合っている興南高校の戦いぶりに、春夏連覇が現実味を帯びてきた。

 次は、今日の第4試合仙台育英と延岡学園の勝者と対戦することがすでに決まっている。順調にいけば17日(火)の第4試合に対戦することになる。

 がんばれ興南高校!!!

 

posted by 福地行政書士事務所 at 15:25| お得情報
2010年08月11日

夏の甲子園 興南高校が初戦突破!!!

 夏の甲子園。沖縄代表の興南高校が鳴門高校を9対0で破り、春夏連覇に向けて好発進した。どんなに悪くても試合を作っていける集中力を備えた島袋が底力を発揮した。ランナーを出しても、三振を取ってもらいたい場面での集中力は見事。島袋自身が話しているように、後は打線が試合を作ってくれる。投打のかみあったチームだ。

 次は、15日(日)の明徳義塾戦だ。興南高校の前の第3試合の中でシングという名前に聞き覚えがあった。3年前の秋田県での全国大会で明徳義塾中学が出場していたが、そこで、大リーガーのような豪快なスイングをする中学生がいた。それがシング君だ。

 あの時には、嘉手納中学との対戦はなかった。調べてみると2回戦敗退。今回は、好投手島袋との対戦。 あれから3年。どんな選手に成長しているのか注目である。次は幸いにも日曜日である。今から楽しみだ。

 第29回全国中学校軟式野球大会のホームページ(当時の様子はこちらをクリック)

posted by 福地行政書士事務所 at 14:11| お得情報
2010年08月09日

豪雨の中の沖縄美島総体男子ソフト

 夏の甲子園が開幕した中、ここ沖縄では美島(ちゅらじま)総体が行われている。ところが例年にない雨に見舞われ、屋外競技運営には支障がでている。

 そんな中、信じられないような豪雨の中での試合が行われた。男子ソフトボールの試合である。ピッチャーが投げるたびに水しぶきがあがるという珍しい光景。

 だいぶ昔の話になるが、元巨人の江川投手が甲子園で敗れた試合を思い出した。豪雨の中の試合、本来なら中断する状況であったが、日程の都合だったのだろうが強硬。最後は押し出しのフォアボールで試合が終わったと記憶している。

 良いコンディションで試合ができなかったのは残念だが、こんな中でも懸命に戦った選手たちに拍手を送りたい。

試合状況の写真はこちらをクリック沖縄タイムス

posted by 福地行政書士事務所 at 18:16| お得情報