2010年03月07日

第21回オリンピック冬季競技大会(2010/バンクーバー)特集

 

2010:03:07高橋大輔 DVD 販売dvd

2010:03:01 昨日のフィギュアスケート エキビジションは良かったですね。なんといっても真央ちゃんの演技が元気いっぱいでよかったと思います。本番でもこれくらい彼女のかわいさや明るさが発揮できるものが良かったのでは、と思ったのは私だけではないようです。しかし、終わったことは仕方がありません。ソチオリンピックに向けて成長した姿をみたいものです。ソチを目指しますと語る真央ちゃんの顔には自信のようなものまで感じるくらい明るかったのは印象的でした。きっと、克服すべき課題が見えてきたのかもしれません。ソチオリンピックまでの4年間で何をすべきなのか。その答えを見つけられたのかもしれません。

 がんばれ真央ちゃん!!!

 

2010:02:27 昨日のフリーの演技は少しだけ残念。そんな心境です。カメラの前で涙を見せた真央ちゃんでしたが、金メダルが取れなかったことよりも、力を出し切れなかったことへの悔し涙だったのだと思います。金児(キムヨナ)選手が完璧な演技を終了し、2位に40点以上も差をつける得点が出たときには、万事休すか?とも思いました。しかし、さすがに真央ちゃんの集中力は見事です。トリプルアクセルを連続して決めたときは、これは分からないなと思いました。が、エッジがリンクに引っかかって失速。残念か?日本中がため息をついた瞬間です。それでも最後まで集中して演技を終えました。結果は銀メダルですが、よくがんばったと思います。でも、真央ちゃん自身は納得しきれない様子です。

 レベルの高い世界での戦いでは2つの力が必要だといいます。1つは練習で磨き上げた技術力ともう1つは磨き上げた技術を本番で発揮する集中力です。練習で培った以上の力は本番では出せません。これは当然のことです。しかし、培った技術を本番で発揮できなければ勝てません。演技中にスケートのエッジがリンクに引っ掛かった場面について、真央ちゃんは演技までの待ち時間が長く足が疲れてきて、足が上がらなかったと話していました。 試合前に金児(キムヨナ)選手がオリンピックでは何が起こるか分かりません。それは私自信に起こるかもしれない。だから自分の実力を発揮することだけに集中しますと言っていました。その何かが真央ちゃんに起こったのかもしれません。

 銀メダルをと取った選手が悔し涙を流し、メダルは逸したものの自分の力を発揮できたと満面の笑みを浮かべます。それは、彼女たちが求めている結果が、実はメダルではなく、自分の力を発揮するという自分自身を演じきるところにあるからだと思います。だからこそ、彼女たちの戦う姿に、観戦する私たちは感動するのだと思うのです。

 4年後に、真央ちゃんが、真央ちゃんとは呼べなくなる大人の女性としての成長した姿で、どんな活躍をしてくれるのか、期待したいと思います。

 

2010:02:25 昨日は真央ちゃんの演技しか見れなかったので、深夜に金児(キムヨナ)選手

        の演技を見ました。完璧でしたね。ショートプログラムなのにまるでフリーのよ

        うな演技。拍手・・・。

         フリーの演技では金児(キムヨナ)選手が先に滑るようです。勝負の世界では

        追いかける方が有利だとか。金児(キムヨナ)選手がどんな滑りをしようと、

        真央ちゃんは自分の演技をすれば道は開けます。

        人事を尽くして天命を待つ。そんな心境でしょう。がんばれ真央!!!!!

 

2010:02:24 只今真央ちゃんのショートプログラムが終了し、現在、金児(キムヨナ)選手にわ  

        ずか4点差で2位です。この後安藤選手も出てくるので予断はできませんが、真

              央ちゃんの演技は見事でした。おもわず家族で拍手しました。金メダルは射程圏

              内です。後は、フリーで自分の力を発揮するだけ。がんばれ真央!!!!!

 

  いよいよ2月12日からバンクーバーオリンピックが始まります。この頁ではバンクーバーオリンピックに関する様々な情報を発信します。ご期待ください。

 まずは、オリンピックの公式サイト(JOC)(こちらをクリック)です。好きな選手の競技日程や情報が収集できます。覗いてみてください。 

  浅田真央ちゃんはかわいいうえに勝負強いですね。前回が年齢が若いということでオリンピック出場が見送られたとのこと。そんな経緯があった上での今回の出場。是非とも集中して金メダルを取ってもらいたいと願っています。がんばれ真央!!!(公式サイトはここをクリック) 

posted by 福地行政書士事務所 at 11:00| お得情報
2010年02月28日

緊急! 津波情報(平成22年2月28日(日曜日))

 昨日の地震に続いて、今日は津波です。南米のチリで発生した地震による津波による警報が、私の住む嘉手納町でも発令中です。津波の到達予想時刻は午後3時でしたが、午後5時24分現在、解除には至っていません。

 今日は、息子の通う嘉手納中学校で卒業式に向けての親子構内清掃が実施されました。同時に、「早寝、早起き、朝ごはん運動」の看板作りと、作った看板の設置作業を行う予定でしたが、津波による避難勧告の影響で設置作業は中止になりました。

 ちなみに、嘉手納の海岸側は埋め立て地で、住宅地と多目的グランドやソフトボール球場、幼児用プーりを備えた嘉手納海浜公園があり、町民の憩いの場所となっています。しかし、今日は完全に入域が禁止され、沿岸部住民のみなさんは小中学校の体育館に避難しています。

 昨日の地震に続いての津波騒ぎ。何が起こるか分からない状況を目の当たりにして戸惑っているのが正直なところです。いざというときの備えを考える時期にきているのかもしれません。

posted by 福地行政書士事務所 at 17:38| お得情報
2010年02月27日

緊急! 地震情報(平成22年2月27日(土曜日))

  テレビ、ラジオでも報道されていますが、今朝がた、沖縄でかなりの揺れを感じる地震がありました。

  時間は午前6時前の明け方の時間です。突然のがたがた・・・・との揺れで目を覚ましました。ふとんの上で地震かと思った瞬間に、こんどは横に揺れ出す。ゆれはだんだん大きくなる。じっと収まるのを待つがいつまでたっても収まる気配がない。一瞬、テレビで見た阪神大震災の光景が頭をよぎる。立ち上がろうにも、揺れが大きいので立ち上がれない。しかし、棚から何かが落ちるような音もせず、そのうちに揺れは収まった。突然、妻の携帯電話(au)が警報音で緊急速報を知らせてきた。テレビ、ラジオは沖縄地方に津波警報が発令されたと報じる。嘉手納町の防災無線でも海岸付近住民に避難するように指示が出た。

 昭和12年生まれの母曰く。70年以上生きてきてこんな揺れ初めてとのこと。テレビでは横ゆれは10秒とか、20秒とか速報していますが、実感としては、これは収まるのかなと恐怖心を覚えるほど長く感じました。しかも、揺れはかなり大きい。

 我が家でも緊急時の地震対策の必要性を感じた朝の時間でした。

 

posted by 福地行政書士事務所 at 10:11| お得情報
2010年02月22日

嘉手納高校の甲子園壮行会

 2月20日(土)に嘉手納高校野球部の甲子園出場壮行会を開催された。私自信は息子が通う普天間高校野球部の三年生を送る会(卒業)に参加したため参加できなかったが、壮行会での興味深い話を耳にしたので、そのことについて書いてみたい。

 参加者の激励のあいさつの後に壇上に立った真謝主将。彼は甲子園での1勝ではなく全国制覇を目指すと宣言したという。普通は控えめに、まずは1勝からというのがこれまでの例であるが、彼は全国制覇を口にした。確かに、県大会準優勝、九州制覇を遂げた後であり、一歩ずつの歩みのは全国制覇へとつながっているのであるから、ある意味当然の目標といえるだろう。

 しかし、真謝主将は過去にも全国制覇の経験がある。嘉手納中時代のことである。実は、そのときにも彼は全国制覇を父母の前で宣言したことがある。当時の島監督がお前たちの目標は何かと言われたときに、部員全員で決めた目標だった。島監督曰く、全国制覇はとてつもなく果てしない夢ではあるが、そうしたいと思わない限りは決して実現はできない、と話していたことを思い出す。きっと、その時のことを真謝主将は忘れることなく、全国制覇を語ったに違いない。中学のときは、彼の全国制覇宣言に対して、父母を代表して、君たちが望むのなら父母はそれを全面的に支えるからしっかり頑張ろうじゃないかと話したことを思い出す。

 嘉手納高校野球部の全国制覇は、これまた果てしなく遠い夢のようにも思われるが、決してそうではない。戦力的にも十分な力を持っている。後は、野球部員が本気になることであり、それを周囲がどれだけ支えられるかである。

 周囲の支えとともに、嘉手納高校野球部が最大限の力を発揮してくれることを願うと同時に、全国制覇の夢が、実現することを、期待したい。

 

posted by 福地行政書士事務所 at 14:28| お得情報
2010年02月19日

お知らせ

FMニライ出演22.2.19.JPG わたくしごとで恐縮ですが、平成22年2月19日(金)にFMニライ(79.2MHZ)へ出演したときのスナップです。 生涯で2度目のラジオ出演。嘉手納商工会の番組でパーソナリFMニライ出演22.2.19(2).JPGティーの荻堂さんと吉浜さん、そして機材操作の伊礼さんと楽しいひと時を過ごしました。

 福地行政書士事務所をよろしくお願いします。                                                                                                                                      

posted by 福地行政書士事務所 at 11:20| お得情報
2010年01月30日

2010:01:30 嘉手納高校の甲子園初出場に湧く嘉手納町

嘉手納高校甲子園1.JPG   嘉手納高校が今春の選抜への出場を決めた。嘉手納町内は嘉手納高校の快挙に沸いている。昨年10月に選抜出場をほぼ手中にしてから町内の野球熱は一気に高まっている。嘉手納高校甲子園3.JPG
  嘉手納中学校の昨年暮れの新人大会中頭地区大会での優勝、つづく県大会でのベスト4。

 少年野球の新人中頭北部地区大会では、町内の少年野球チーム嘉手納ドリームスと嘉手納ライオンズがベスト4に残り、準決勝で両チームが対戦した。そこで勝ち上がった嘉手納ライオンズが優勝して、夏の派遣の権利を獲得した。
 少年野球をする子どもたちの夢の多くは甲子園出場である。子ども達にとっては漠然とした夢。嘉手納高校甲子園4.JPGその夢を目の前で実現させた先輩たちの姿はとてつもない勇気を与える、と言われれいるが正にそれが証明されたかたちである。
 “やればできる。”“願いは叶えるためにある。” 努力を怠らない勇気を与えてくれたと思う。                  嘉手納高校甲子園5.JPG

嘉手納高校甲子園2.JPG
posted by 福地行政書士事務所 at 15:30| お得情報
2010年01月30日

2010:01:30 “嘉手納・興南甲子園へ!”

  “嘉手納・興南甲子園へ!”昨日の号外から、今朝の報道まで県内マスコミは初の県勢2校の甲子園出場に湧いている。嘉手納は初出場、興南は2年連続。まさに、新鋭と古豪チームが揃っての出場は沖縄の野球レベルの高さを物語っている。
 実は、今年高校3年生となるこの世代は、野球関係者の間では黄金時代と言われている。この世代が中3のとき、秋田県での全国中学校軟式野球大会で嘉手納中学が優勝、与勝中学が準優勝している。その当時の嘉手納中学でバッテリーを組んでいたの池原・真謝である。中学当時は素質は認められながらも華を咲かしきれなかった島袋が一足先に高校で真価を発揮し、それに全国制覇勢が追いついたという感じ。まさに、黄金時代というにふさわしい活躍である。
 甲子園での嘉手納高校、興南高校の活躍を期待したい。

posted by 福地行政書士事務所 at 09:57| お得情報