2012年07月08日

オスプレイ配備阻止に向けて〜森本防相7.6記者会見から〜

 沖縄県、山口県及び岩国市へのオスプ配備の説明を終え、帰京した森本防相の記者会見が7月6日に行われた。大臣会見概要は防衛省HMに掲載されている(クリックで同HMへ)。末尾は同概要からの抜粋である。

 森本防相は、地元のオスプ配備反対の声を「重く受け止める」としながらも、オスプ配備は「予定どおり運行計画が進む」と発言し、オスプ反対の地元の声に一向に耳を傾けようとはせず、責任逃れの発言に終始している。

 また、米国には2件の事故調査の報告を強く求め、さらに安全性について「アメリカが単に飛行の安全性を確認するだけではなく、日本としてどのような措置をもって、我が方として独自に飛行の安全性を確認」する手立てを検討していると述べながらも、「安全性を確認」する具体的方法を問われると「主管ではありませんので、細かくは知りません。」と逃げの発言に終始している。恐らくは合同委員会を開催するにしても外務省が窓口になって米国と交渉するという趣旨なのだろうが、玄葉外相のこれまでの米国への低姿勢ぶりからすれば、ほとんど期待はできない。日本政府が「独自に飛行の安全性を確認」するとは言っても、どこまで独自性を発揮できるのか、全く期待できない。

 防相は、「あらゆるシステムというのは、そのような人間の科学技術を乗り越えようとして、試行錯誤を繰り返して、完成に近づいていく」とも発言している。一般論としてはその通りである。しかし、今回のオスプレイ配備は、墜落事故を繰り返している機材が我々の上空を昼夜深夜未明の別なく飛び交い、爆音と共に墜落の危険をも甘受せよということに他ならない。オスプのシステム開発のために我々の生命財産を捧げろというのか。

 来沖前に、森本防相自らが吐露した「(オスプレイの安全性に確信を持ってもらうことは)私が一国民の立場になってみてもそれは無理だ。」の言葉がすべてを語っている。

 8月5日のオスプレイ配備阻止県民大会では、全県民が結集し、体を張ってでも配備を阻止するといの沖繩の民意を示さなければならない。

 大臣会見概要

Q:オスプレイの配備の関係・・、先週末、沖縄県、山口県を訪問・・、・・今週、民主党や自民党の幹部からも、「より地元に配慮した対応を求める」という声が出・・、・・こうした主要政党の声をどのように受け止めて、どのように対応していく・・か、・・。

A:・・、沖縄及び山口県、岩国市を含めて訪問し、・・地元には大変ご心配だとか懸念というのがあるということを、身をもって感じ・・た。総理、官房長官にも報告・・し、政府としては、このことを大変重く受け止めております。現在アメリカが、2つの事故について事故調査を進めていると承知しますが、・・今月下旬には岩国に陸揚げするという予定について、・・予定どおり運行計画が進むものと考えています。その後は、お話をしているとおり、「2つの事故の事故調査結果が日本側に通報され、飛行の安全が確認されるまでは、飛行運用をしない」ということについては、日米間で約束をして、この約束をアメリカ側がきちんと守ると・・。このことに現時点で変更はありません。

・・・

Q:・・大臣ご自身が今後国会答弁で、沖縄の理解を得るためにどのような姿勢で答弁に臨まれるかということをお願いします。

A・・地元にも反対もあるし、ご心配もあるということは、私たちを通して受け止め、どのようにすれば我々として、アメリカ側の装備の変更というものを説明できるのか・・考え、今のところは2つのことを考えています。ひとつは、2つの事故についての調査報告書をできるだけ早期に日本側に通報すること、並びにその際、事故調査の報告の中には、同種の事故の再発を防止する措置が含まれていること・・を、アメリカ側に強く申し入れ、要求もしています。これが第一です。第二は、他方において、飛行の安全性・・は、アメリカが単に飛行の安全性を確認するだけではなく、日本としてどのような措置をもって、我が方として独自に飛行の安全性を確認し、これを国民の皆様に説明できるのかということについては、いろいろな考え方、いろいろな措置、いろいろなアプローチがあり得るのだろうと思います。今、まだそれを検討しているところ・・、これはおそらく政府全体として取り組むということになり・・、防衛省だけでできるとは限らないので、関係省庁と共有しながら、どのようにすれば飛行の安全を日本として確認できるかというための措置について、現在鋭意検討しているところです。

・・

Q:先ほどの安全性の確認、「米側が確認するだけではなく、日本でもいろいろなアプローチ、考え方の措置」と仰っていたのですが、この件に関して、日米の合同委員会の設置についてはどうお考えですか。・・

A:・・安全性の確認というのは、我が国政府として取り組むと申し上げ、防衛省だけで確認するということではなく、関係省庁とも協議をしてこの問題を進めたいと申し上げた理由は、つまり防衛省だけではなくて、もちろん外務省その他の省庁、内閣府も含めて、全体として日本政府として安全性を確認し、国民に説明する手段を執りたいと思って検討しているわけです。今のご指摘の点も、その検討の一つのオプションと考えていただければよいと思います。

Q:すでに米側にはそういったオプションの一つを。

A:私は防衛省なので、これの主管ではありませんので、細かくは知りません。かつて私が外務省のときに、米軍事故があったときに、当時はこういうアメリカの事故、今回の事故のように日本の国外で起こった事故ではなく、日本の国内で起こった事故の事故調査委員会のメンバーに入っていたことはありますが、これは今回のとは少し違って、直接、日米地位協定に基づいて、在日米軍機が日本の領域の中で起こした場合の事故調査委員会で、今回は性格が全く違うと思いますが、いろいろな考え方があり、いろいろな措置を検討しているということは申し上げてよいと思います。繰り返しになりますが、主管の官庁でもありませんので、細かく承知しておりません。

Q:沖縄県では現在、県民大会を開催するのを決定しているのですが、・・2年前から沖縄県ではオスプレイの配備について、様々な質問や疑問を政府に投げかけてきた・・が、・・誠意をもって応えてこなかった・・ことが、現在のこういった信頼を失う関係になってきたと思っているのですが、今回8月には全県的な大会も開かれることについて、大臣として今どのように思われているかご所感をお願いします。

A:どういうタイミングで、どこの主催で、どのような大会が行われているか、私はまだ報告を受けていませんけれども、いずれにしても県民の方々がそのような大会を経て、県民としてのご意見を集約されると言いますか、皆様でご意見を出されるということは、これは県民の皆様が自主的におやりになることであり、その内容については、政府として真摯に受け止めようと考えています。

・・

Q:オスプレイに関して、大臣は・・最近は、「ヘリと飛行機の揚力を一つの羽の上で機能させるという意味で画期的だ」というご主旨で発言されている・・、この点について、・・技術的に2つの揚力を一つの羽で機能させるということが技術的に確立されているというようにお感じになられているか、そう考えるか。それと運用面で問題点があるとお感じになられているか。この認識をご専門ということを踏まえて、お話をお聞かせ下さい。

A:・・画期的だと申し上げたのは、・・実際のシステムとして世界の中で初めてアメリカが実用機の中で成功したという意味・・。たくさん他の国がやっていてアメリカがやったというのではなく、アメリカが最初にこの技術を実際のシステムの中に実現しようとして、開発を繰り返して、実用試験を行い、実際に量産をするという決定のところまでいった。この技術革新が画期的だという意味で画期的だと申し上げた・・。運用の面ではどうかということですけれども、そのような画期的なシステムなので、開発の途上でいくつもの困難に直面したと言えると思います。あらゆるシステムというのは、そのような人間の科学技術を乗り越えようとして、試行錯誤を繰り返して、完成に近づいていくということを人間はやってきたわけで、何もこの航空機だけではなく、これは我々日常生活の中であらゆるものに見ることができます。・・私はオスプレイという飛行機の開発は、アメリカの中できちんと開発が行われ、実用試験も行われ、量産に踏み切った時点で開発そのもののプロセスが終わっていると考えています。それでは何で事故が起こるのかということが当然そこで問として出てくると思いますが、実際にシステムそのものに、例えば油圧のラインだとかいろいろなマイナーな問題で、その後に事故があったことは、それは確かだと思います。しかし、今年起きた2つの事故は、少なくても事故があった直後から、引き続き運用されているということなので、この航空機のシステムそのものに、機械的なというか、システムとして開発途上に考えていたような根本的な欠陥がないという結論に至っているのではないかと考えているわけです。

・・、少なくとも設計上の根本的なミスによって今回の2つの事故が起きたのではないということについては、アメリカが説明しているとおりなのではないかと思いますし、そのような結果が、いずれアメリカで事故報告の中に示されるのではないかと、私は推定しているわけです。・・。

Q:今月2日付で広島県知事から防衛大臣に宛てて、「オスプレイの安全性が確認されない中で、政府が先行搬入に向けて手続を進めることに反対」ということで、岩国の先行搬入を当面中止するようにという要請文が出ているのですけれども、これについて、県境を越えて広島県知事からこういう意見が出ていることについてどう受け止められるかということと、今後どう対応されるか、お考えをお聞かせ下さい。

A:文書はまだ受け取っていません。・・県知事から、恐らく要望書をお持ちの上、要望においでになるのだろうと・・。・・できるだけ直接お会いして、県知事の要望を受け止めたいと考えております。

・・

Q:・・1か月、大臣就任から経ちましたけれども、1か月振り返られて率直な御感想を一言だけ。

A:1か月ちょうど経って、やはり、防衛大臣というのは自衛隊法にいう自衛隊の隊務を統括するという任務であると書いていますが、しかし隊務を統括するためには、例えば今、オスプレイのように、これは自衛隊の装備でもないし、我々の基地の中に持ってくるわけではないのですが、しかし、日米安全保障体制を万全の状態にして、在日米軍の抑止力をきちんと持たせるというためには、どうしても防衛大臣が汗をかかなければならない重要な仕事の一つで、国会であれ地方の方々のいろいろな声を聞くという仕事であれ、そのようないわば、どちらかというと内政上の仕事が、自衛隊を統括するための仕事としてついて回り、その比重が非常に大きいのかなということを、この1か月を通してつくづく痛感したということでございます。

posted by 福地行政書士事務所 at 00:03| 許すなオスプレイ配備
2012年07月07日

オスプレイ配備阻止県民大会、8月5日(日)15:00宜野湾海浜公園で開催へ!!!

 オスプレイ配備阻止、沖縄県民大会が8月5日午後3時、宜野湾市の宜野湾海浜公園(クリックで同HMへ)での開催が決まった。超党派による開催を決めた県議会各会派は、各種団体を訪問に対して大会への参加を呼び掛ける。共同代表は県議会議長、県市長会長、連合沖縄会長、県婦人連合会長、経済界代表の5者を想定し、就任を依頼するという。

 オスプレイ配備を目論む日米両政府に対して、沖縄の民意を示さなければならない。

 防相のオスプ試乗というモンキーショー(猿芝居)など論外であることを突き付けよう。

オスプレイ:県民大会8月5日に決定(沖縄タイムス)

オスプレイ県民大会 「8月5日」決定(琉球新報)

8月5日オスプレイ反対大会=過去最大規模目指す−沖縄県議会(時事ドットコム)

posted by 福地行政書士事務所 at 10:54| 許すなオスプレイ配備
2012年07月06日

6.17オスプレイ配備反対・普天間固定化阻止宜野湾市民大会実行委員会が、日米両政府に要請行動

 先月、6月17日に、“普天間飛行場へのオスプレイ配備等に反対し固定化を許さず早期閉鎖・返還を求める宜野湾市民大会”を開催した、宜野湾市の実行委員会が、日会場内様子3.JPG米両政今府に、オスプレイ配備撤回要請のため上京した。

 同委員会メンバーは、6日、宜野湾市民大会決議を森本敏防衛相と玄葉光一郎外相に直接渡すほか、官邸、内閣府、米国大使館、民主党に要請する予定という。

 オスプ配備阻止の県民大会は、来月8月5日に開催される予定である。参加について検討していた仲井真知事も参加のようである。

 全沖縄県民、いや、県外関連自治体をも巻き込んだ大きなうねりにしなければならない。

 もの言わぬままに滅びる民とならないためにも!!!

市民大会実行委 オスプレイ配備阻止の要請で上京(OTV)

宜野湾市 市民大会決議携え要請へ(QAB 動画)

宜野湾市民大会実行委、きょう東京要請行動(沖縄タイムス)

posted by 福地行政書士事務所 at 14:12| 許すなオスプレイ配備
2012年07月05日

オスプレイ配備阻止県民大会始動〜日米両政府は沖縄の民意を侮ることなかれ〜

 昨日4日、県議会の全会派がオスプレイ配備阻止の県民大会の開催を決めた。県内主要団体からは早期開催の声が上がった。オスプ配備に対する危機感・怒りの現れである。

 日米両政府は沖縄の民意を侮ることなかれ!!!

 以下は本日付沖縄タイムスからの抜粋である。

県民大会 結集へ気運   各団体、参加に前向き

 県青年団協議会の下條義人会長は5月の復帰40周年式典で、野田佳彦首相を前に普天間飛行場の閉鎖を訴えた。「首相はあの時、何を聞いていたのか。県民がなくそうとしている基地にオスプレイを持ってくるなんて、沖縄はなめられているんじゃないか」・・

 県老人クラブ連合会の花城清善会長は「私たちの世代は沖縄戦でひどい思いをした。あんな事故が多い飛行機を運んでくるなんて、ぞっとする」・・

 ・・沖縄弁護士会の加藤裕会長。・・「1995年の県民大会では知事が少女の人権を守れなかったと謝罪したが、今回は手遅れになる前に迅速に開くべきだ」・・

 県PTA連合会の大城宗高会長も「普天間第二小学校のように、児童・生徒はすでに危険にさらされている。オスプレイなんてとんでもない。安全を守るため、組織参加を検討したい」・・

抗議の声全国に 反オスプレイキャラバンが出発(QAB 動画)

オスプレイ配備撤回で街頭行動(NHK沖縄)〜アメリカ軍の最新型輸送機「オスプレイ」の普天間基地への配備に反対する市民団体のメンバーが県内を車で回って抗議活動を行うことになり、4日、那覇市を出発しました。・・〜

posted by 福地行政書士事務所 at 09:52| 許すなオスプレイ配備
2012年07月04日

オスプレイ配備阻止、宜野湾市議会、全面対決を宣言「体を張ってでも阻止する!!!」

 昨日3日、宜野湾市議会が、オスプ配備阻止に向けて沖縄防衛局及び在沖米総領事館を訪れた。以下は本日付沖縄タイムス記事からの抜粋である。

 沖縄の民意はオスプ阻止、辺野古阻止!!!

「身体を張ってでも阻止する」 宜野湾市議会が反対宣言

・・大城政利副議長・・は声を荒らげて、沖縄防衛局の真部朗局長に迫った。「本来、わが国は主権在民。市民の意思はのれんに腕押しで通用しない。こういう国でいいのか。」・・「万が一があれば『何のための安保か』となる。配備強行ならすべての市民が行動を起こす」と宣言。・・

宜野湾市議会 オスプレイ配備「体を張って阻止」(OTV)〜・・議員は「我々は絶対体を張って阻止するという事を強く言いにきた」「宜野湾市民だったら皆さんはどうするのかその立場というのもしっかり逆の立場からも考えるという事もして頂きたい」・・。真部局長は、「宜野湾市民を代表する皆さんの思いと声はきちんと報告する」・・。

宜野湾市議会 オスプレイ配備撤回を要請(RBC)〜・・市議団は「世界一危険な普天間基地にオスプレイが配備されることは断じて許されない」として配備の撤回と普天間基地の即時閉鎖を求め・・た。・・〜

宜野湾市議会が反対要請(NHK)〜・・宜野湾市議会は先月、オスプレイの配備計画に対し「市民の不安と怒りは頂点に達している」として、計画の即時撤回を求める意見書と決議を全会一致で可決・・

オスプレイ:宜野湾議会「体張ってでも阻止」(沖縄タイムス)

配備計画撤回を要請 宜野湾市議会(琉球新報)

posted by 福地行政書士事務所 at 09:02| 許すなオスプレイ配備
2012年07月03日

オスプレイ配備は不可能!!!岩国陸揚げを中止せよ!!!

 本日付け報道によれば、MV22オスプレイを搭載していると見られる船が米国を出航したという。オスプレイ配備阻止の動きは、沖縄のみならず九州・四国各県へと拡がっている。

 山口県岩国市議会では基地容認派が過半数を占めるものの、オスプレイ搬入については全会一致で「反対」の意見書を可決したという。

 日本政府は、直ちに、陸揚げ中止を米国に求めるべきだ。

「説得自信ない」沖縄訪れた森本防衛大臣は(QAB 動画)

市民団体 オスプレイ反対県民大会開催を要請(同)

オスプレイ配備 強まる抗議の声・県議団も要請(同)

オスプレイ駐機で反対意見書=山口県岩国市議会(時事通信社)

オスプレイ反対各地で(沖縄タイムス)

posted by 福地行政書士事務所 at 12:09| 許すなオスプレイ配備
2012年07月02日

オスプレイ配備に関する仲井真知事の「全基地即時閉鎖」発言

 昨日1日の仲井真知事の「全基地即時閉鎖」発言。正に沖縄の民意を代弁した発言である。これまでの基地負担に加え、更なる危険負担を強いる日米両政府の姿勢に対する抗議の姿勢である。

 しかし、同旨の発言は今回が初めてではない。知事は、昨年平成23年9月19日に米国で開催された沖縄クエスチョンでの講演で次のように発言している(詳細は県HM“ワシントンDCにて開催された沖縄クエスチョン(2011/09/19)における知事スピーチ及び参考資料”を参照 クリックで同HMへ)

【辺野古移設案が強行された場合】
 沖縄の状況を無視した辺野古への強行は、全県的な激しい基地反対運動につながり、日米安全保障体制に悪影響を及ぼしかねず、沖縄県民と沖縄の米軍との関係を決定的に悪化させる恐れも否定できない。

 辺野古移設強行されれば“全県的な激しい基地反対運動”につながると述べていた知事は、今回のオスプレイ配備に関しては“全基地即時閉鎖”闘争につながると述べた。

 日米両政府の、沖縄に対する、差別施策に対する沖縄の民意を代弁したものに他ならない。

 これでも、日本政府は、「日本には条約上の権利がない」と自らの責任逃れの発言に終始するつもりか。

 このような日米両政府の沖縄無視の姿勢を決して許してはならない。

posted by 福地行政書士事務所 at 12:02| 許すなオスプレイ配備
2012年07月02日

オスプレイ配備阻止、関係市町村首長との面談でも厳しい指摘相次ぐ。どうする森本防相!

 昨日7月1日のオスプ配備に関係する市町村首長と森本防相との会談。配備に反対する厳しい意見が相次いだ。

 當山嘉手納町長は「県民の命を脅かすような航空機の配備を容認することは絶対にできない」、東門美津子沖縄市長は「本当に沖縄県民の負担を軽減するという政府の意向であるならば、何とかしていただきたい」・・、配備計画の中止を訴え・・た。(QAB記事より抜粋引用)

 もはや、日米両政府とも、沖繩の民意を無視することは許されない。

森本防衛大臣と会談 市町村長「オスプレイ中止を」(QAB 動画)

防衛相と市町村長会談(NHK沖縄)〜・・市町村側は、「県民の命をおびやかすことは容認できない」とか、「反対は県民の総意だ。その声を受け止めてアメリカとの交渉で配備は受け入れられないとしっかり伝えてほしい」などと述べて配備の中止に向けた政府の取り組みを求め・・た。森本大臣は、外交上の手続きの内容は明らかにできないとしたうえで、「アメリカ側に墜落事故の調査結果を提供するよう引き続き、求めている」と述べるにとどまりました。・・沖縄市の東門美津子市長は「県民の声にどう向き合おうとしているのかまったく見えてこなくて怒りを超えむなしさを感じる」と述べ、不信感を示し・・た。

posted by 福地行政書士事務所 at 08:47| 許すなオスプレイ配備
2012年07月01日

オスプレイ強行配備なら、全基地即時閉鎖闘争へ!仲井真知事、森本防相会談後の会見で

 昨日30日に、オスプ配備に関して佐喜眞宜野湾市長から強い反発を受けた森本防相、今日1日は仲井真知事や配備に関係する市町村首長に対して説明を行なった。

 仲井真知事は、危険きわまりない機材であり「断然拒否するしかない」と配備に強く反対し、「配備中止を含めて対応してほしい」と要望した。また、会談後の会見では配備を強行するならば「全基地閉鎖の動きにならざるを得ない」と述べ、オスプレイ配備阻止の姿勢を明確に示した。

 また、関係市町村首長との面談においても、以下のような厳しい指摘が相継いだ。以下は本日付OTVニュースからの転載(クリックで同HMへ)

 また、森本大臣と面談したオスプレイの配備に関係する自治体の市町村長からも反発の声が相次ぎました。 
 當山嘉手納町長「大臣がもし我々首長の立場であるならば、本当にオスプレイの配備を了承できるのか」
 野国北谷町長「沖縄県民は相変わらずという形でですね、差別をされているのではないか」
 浜田中城村長「アメリカから全てを通告、接受国通報を受けるだけでなくて、ダメだと、NOだといえるしっかり(とした姿勢を)もうそろそろ見せていただきたい」
 森本大臣は、「沖縄に犠牲を強いることは考えていない。負担の軽減については、政府として努力したい」と述べるに留まりました。
 基地周辺の沖縄市や嘉手納町、北谷町で構成する三連協は、納得のいく説明がされていないと批判し、オスプレイ配備撤回を訴えるため、今月13日にも森本大臣と再び面談するとしています。

 もはや、沖繩の民意を無視することは許されない。

posted by 福地行政書士事務所 at 23:15| 許すなオスプレイ配備
2012年07月01日

オスプレイ配備阻止!佐喜眞宜野湾市長、森本防相に要求

 佐喜眞宜野湾市長、昨日30日に来冲した森本防臣に対し、オスプレイ配備は許しがたい暴挙、阻止してもらいたい、と要求した。これに対し、森本防相は、持ち帰って検討すると答えた。

 オスプレイ配備阻止は沖繩の民意である。

 今日7月1日、森本防相はオスプレイ配備に関係する市町村首長との面談を予定しているというが、各首長の対応は厳しい。以下は今日付琉球新報からの抜粋である。県下全市町村首長がオスプレイ配備に反対している。

【今日付琉球新報からの抜粋】

・・「配備反対」の医師の固さや政府への不信から、欠席する首長が首長が目立つ。・・配備反対の理由から、うるま市の島袋俊夫市長、伊江村の大城勝正村長、読谷村の石嶺伝実村長は不参加。副市長や副村長も参加しない。

 浦添市の儀間光男は、・・別日程があり不参加。事務方が参加する予定。・・儀間市長は「政府のアリバイづくりに参加する必要にないし、そんな気にもなれない。」・・

 翁長雄志那覇市長は韓国出張だが「形式的なものに付き合わされている感じがする」と語り、・・副市長らに任せる。東門美津子沖縄市長、當山宏嘉手納町長、志喜屋文康恩納村町は参加を表明。・・

オスプレイ配備「阻止を」宜野湾市長、防衛相に(沖縄タイムス)

森本防衛大臣 オスプレイ配備を要請 佐喜真市長「許しがたい行為」と批判(QAB 動画)

佐喜真市長、オスプレイ中止求める 防衛相「原因究明する」(琉球新報)

オスプレイ 配備「阻止してほしい」 宜野湾市長、防衛相に(東京新聞)

posted by 福地行政書士事務所 at 09:12| 許すなオスプレイ配備