2012年09月27日

オスプレイ配備阻止 台風で配備延期をガス抜きにするな !!!

 明日28日にもオスプレイ配備か、と緊張していたが、台風17号の影響で延期になったという。

 しかし、この話少々奇妙だ。実は、台風17号の進路については米軍(アメリカ海軍)の情報によれば、今週初め(25日)の段階で、既に週末には沖縄直撃と報じられていた。ところが、沖縄防衛局は26日になって28日配備を伝達してきた。

 台風が接近すると、米軍機は非難するのが通常である。ところが今回は、あえて台風接近の日に岩国から飛来すると通告してきたのである。2機編隊飛行の際に前方機材の風で墜落するような危険機材と聞いていたが、随分強気だなと思っていたが、結果はやはり延期である。当然だろう。

 今回の沖縄防衛局の配備通告は、反対する沖縄県民の怒りをガス抜きしようという茶番だったに違いない。

 しかし、これで、沖縄の怒りが、ガス抜きされたと思ったら大間違いだ。

 沖縄の怒りはすでに頂点に達しており、配備の強硬は、その怒りに油を注ぐことになる。

 日米安保などいっぺんに吹き飛んでしまう、大きな闘いへと変貌していくことになる。

 沖縄は、沖縄の声を挙げ続けていく。

 オスプレイ配備阻止あるのみ!!!

posted by 福地行政書士事務所 at 23:20| 許すなオスプレイ配備
2012年09月27日

オスプレイ配備阻止 沖縄の民意、強行配備なら日米両政府と全面対決だ!!!

 沖縄の反対の声を無視し、オスプレイ強行配備を伺う日米両政府。沖縄にはどんな対抗手段があるのか。

 今日27日の普天間第3ゲート(野嵩)での早朝集会後座り込み行動が実施された。

 対抗手段を考えた。

 1.軍用地主による賃貸借契約解除・建物収去土地明渡訴訟の提訴

  地主は賃貸しした土地の使用によって、地主等近隣住民らの生命・身体に損害が及ぶ恐れがあれば、当然契約解除できる。土地の使用方法が契約違反になるからだ。

 2.米軍基地への水道水供給停止・送電停止

 3.従業員による全面無期限スト

 4.基地内への物資供給停止

 考え得るあらゆる手段を講じる必要がある。

 忘れてならないのは、オスプレイの飛行訓練空域は沖縄全域ということだ。基地周辺住民のみが危険にさらされるのではない。いつ、どこに墜落、墜落しないまでも緊急着陸するかわからない危険機材が爆音を撒き散らして、沖縄中を、飛び交うということだ。

 沖縄は、沖縄自ら、住民の生命・身体・財産を守るために、日米両政府を恫喝してでも、配備を阻止しなければならない。

posted by 福地行政書士事務所 at 19:07| 許すなオスプレイ配備
2012年09月27日

オスプレイ配備阻止 昨日に引続き9.27普天間第3ゲート(野嵩)での早朝集会に参加しました

9.27@.JPG 昨日に引続き、今日9月27日普天間飛行場第3ゲート(野嵩)でのオスプレイ配備阻止緊急集会に参加しました。

 沖縄防衛局からの28日配備予定の連絡。翁長那覇市長が9.27C.JPG連帯のあいさつで述べたところによると、沖縄防衛局からの連絡の内容は“28日配備が仮に実施されなくても、それは天候や機材の整備の遅れによるものであって配備を中止するというものではない”というものだったと。翁長市長は馬鹿丁寧な内容で話にならな9.27A.JPGいと語った。

 沖縄防衛局が、このような連絡をよこしてくること事態が、沖縄の民意が日本政府を追い込んでいることを示している。

 市町村首長や議会等の代表が決意を述べたが、オスプレイ配備阻止の沖縄の民意は決して揺るがないことがあらためて9.27B.JPG示された。

 午前7時から8時までの1時間。今日も300名を超える県民が集結した。

 オスプレイ配備阻止あるのみである。

posted by 福地行政書士事務所 at 09:47| 許すなオスプレイ配備
2012年09月26日

オスプレイ配備阻止 政府の横暴を許すな。なんと沖縄防衛局は電話で県、宜野湾市に配備を通知。

 今日夕方のNHKニュースで、与世田副知事は、県民がオスプレイ配備反対の声を挙げているときに、電話で、オスプレイが配備されると通知してくる神経が分からない、と怒りをぶちまけた。

 仲井真知事や佐喜真宜野湾市長を先頭に、どんなことをしてでも配備を阻止すると結束している沖縄の民意は決して揺るがない。

 今朝の普天間基地第3ゲート(野嵩)での反対集会には約300人が参加した。佐喜真宜野湾市長はオスプレイ配備阻止に向けた結束を訴えた。

 配備通知のニュースは、中國新聞四国新聞河北新報佐賀新聞茨木新聞宮崎日日新聞等々各県の地方紙でも報道された。

 オスプレイ配備への関心は全国に拡がっている。飛行訓練地域の不安、反発は大きい。

 沖縄は、さらに沖縄の声を上げ続けなければならない。そして、配備阻止の闘いを全国に拡げなければならない。

28日にもオスプレイ配備 防衛省、自治体に通告(琉球新報)

オスプレイ、28日以降移動開始=岩国基地から普天間飛行場へ−防衛省が通告・沖縄(時事ドッドコム)〜・・沖縄県の仲井真弘多知事は26日、「藤村修官房長官らに配備中止を申し入れたにもかかわらず計画が進められていることは誠に遺憾。政府による説明は不十分であり、県としては配備に断固反対だ」とするコメントを発表した。・・〜

オスプレイの沖縄移動「28日以降」 防衛局、県に通知(朝日新聞)〜・・26日夕、県や関係18市町村に、防衛局が電話で連絡した。県は27日にも政府へ再考を申し入れる。野田佳彦首相が米国から帰国した後にも、直接伝えたい意向だ。・・〜

posted by 福地行政書士事務所 at 21:40| 許すなオスプレイ配備
2012年09月26日

オスプレイ配備阻止 9.26普天間第3ゲート(野嵩)での早朝集会に参加しました

 今日、9月26日普天間飛行場第3ゲート(野嵩)でのオスプレイ配備阻止緊急集会に9.29CA.JPG参加しました。

 時間にして、午前7時から8時までの1時間。私が観たところで約300名が集結した。

 集会では、まず、普天間基地に向かって、シュプレヒコールでオスプ9.29B.JPGレイ配備阻止訴えた。集会には9.9県民大会実行委員会、3連協の東門沖縄市長、野国北谷町長、當山嘉手納町長も参加し、集会の最後には上京していた佐喜真淳宜野湾市長も駆け付け、オスプレイ配備阻止に向けた結束を呼び掛けた。

 早朝にもかかわらず、多くの参加者で第3ゲートを埋め尽くされた。県民のオスプレイ配備に対する危機感の現れである。

 どんなことをしてでもオスプレイ配備を阻止しなければならない。

9.29@.JPG

オスプレイ反対で座り込み もみ合いも 一時騒然(QAB 動画)

posted by 福地行政書士事務所 at 10:50| 許すなオスプレイ配備
2012年09月25日

オスプレイ配備阻止 仲井真知事、佐喜真宜野湾市長、日本政府へ直訴B

 昨日24日、森本防相にオスプレイ配備中止を申し入れた仲井真知事。今日25日は佐喜真淳宜野湾市長とともに、藤村修官房長官と会談し、オスプレイ配備中止及び普天間飛行場閉鎖・返還を強く求めた。

 週内配備とも報道される中、オスプレイ配備阻止の沖縄の民意を、日本政府に突き付けるための行動である。

 本来なら、野田首相に直訴する予定が首相の日程の都合で官房長官との会談となったが、会談後の記者言会見で、「仲井真知事と佐喜真市長は記者団に対し、後日あらためて日程を調整した上で上京し、オスプレイの配備中止を野田佳彦首相に直接伝える考えを示した。」(琉球新報)という。 仲井真知事と佐喜真市長の危機感の現れであり、オスプレイ配備阻止について一歩も引かない構えを見せたといえる。

 日米両政府の執るべき途はひとつ。オスプレイ配備撤回以外にはない。

知事と宜野湾市長、官房長官に配備反対要請 オスプレイ(琉球新報)

知事、宜野湾市長がオスプレイ配備中止要請(沖縄タイムス)

オスプレイ 沖縄への配備中止を要請(NHK NWESWEB〜・・仲井真知事は会談後、記者団に対し、「政府は、普天間基地の返還による基地負担の軽減が実現できていないのに、逆に負担が増加し、危険性が増すようなものを配備するという論理のおかしさを自覚すべきだ。安全宣言はとても無理だ」と述べました。〜

posted by 福地行政書士事務所 at 15:58| 許すなオスプレイ配備
2012年09月25日

オスプレイ配備阻止 仲井真知事、森本防相へ直訴A

 昨日、24日、仲井真知事は、森本防相に対し、オスプレイ配備を中止するよう、直訴した。

 10万人余が結集した“9.9オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会”で示された沖縄の民意を、県民を代表して、仲井真知事が日本政府にぶつけた形だ。

 また、宜野湾市役所ロビーでは、「石川・宮森小ジェット機事故を語り継ぐ写真展」(24日から)が開催されている。佐喜真宜野湾市長は9.9県民大会において、「普天間の空にも、嘉手納の空にも、沖縄の空にもオスプレイは飛ばさない」と宣言した。危険機材オスプレイ配備の不安は宮森小ジェット機事故を想起させる。市民を危険にさらしてはならない、今回の写真展は、佐喜真市長の決意の現れである。

 昨日の防衛相との会談後の記者会見の中で、仲井真知事は「(安全宣言の)中身は、人間が失敗しやすい飛行機である、と言っているだけの話で、なんでこれが安全か」と日本政府の対応を糾弾した。 

 もはや沖縄の空にオスプレイを飛ばすことは不可能である。

 さらにはオスプレイ飛行ルートになっている日本全国の自治体でも不安を抱え、配備に反対している。

 日米両政府は、この現実を直視すべきである。

オスプレイ配備中止を…仲井真沖縄県知事が直談判(tv asahi)

嶺北深まる不信 オスプレイ配備説明(高知新聞)

posted by 福地行政書士事務所 at 09:41| 許すなオスプレイ配備
2012年09月24日

オスプレイ配備阻止 仲井真沖縄県知事が配備中止を求めて直談判へ

 今朝の沖縄の新聞の見出しだ。

 知事、配備中止要請へ オスプレイ きょう防衛相と会談(沖縄タイムス)

 知事、反対直訴へ オスプレイ配備(琉球新報)

 仲井真知事は、今日24日上京し、2日間の日程で、森本防相、野田首相が国連総会出席のため藤村官房長官と、それぞれ会談する予定であるという。

 森本防相は、オスプレイ普天間配備、普天間飛行場の辺野古移設を進めるとの姿勢を示している。森本防相の姿勢は、9.9オスプレイ配備に反対する県民大会(クリックで当HM記事へ)及び、平成22年4月25日に9万人余が結集した普天間飛行場の県外・国外移設を求める読谷村での県民大会(クリックで当HM記事へ)で示された沖縄の民意を、ことごとく否定するものであり、断じて許されない。

 仲井真知事は、オスプレイ配備が「基地全面撤去」の闘いにつながるという、沖縄の意思を明確に日本政府に示すべきだ。

沖縄県知事 官房長官らと会談へ(NHK NWESWEB〜・・沖縄県の仲井真知事は、配備に反対する沖縄の立場を政府に直接伝えるため、24日から東京を訪れ、藤村官房長官や森本防衛大臣と会談・・〜

posted by 福地行政書士事務所 at 11:04| 許すなオスプレイ配備
2012年09月22日

オスプレイ配備阻止 民意無視の試験飛行を許すなA

 昨日21日に開始されたオスプレイの試験飛行。

 試験飛行に対する日本中の怒りが拡大している。沖縄では、森本防相の来沖について、仲井真知事をはじめ、地元市町村首長らが面会を拒否した。同時に、森本防相が呼びかけているオスプレイへの体験搭乗についても、知事・市町村首長をはじめ、関係者の搭乗拒否が相次ぐ。

 9.9オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会実行委員会では、県内市町村独自の抗議集会、大会実行委員会のメンバーや市町村長、市町村議長、議員などによる普天間基地ゲートでの座り込み行動を実施する予定だ。

 28日にも配備されると報道されているが、配備中止を求める沖縄県内は緊張感の高まりとともに、配備阻止に向けた闘いが行われる。

オスプレイ 国内初飛行 米軍岩国基地の7機(沖縄タイムス)〜・・県や宜野湾市など関係首長は強く反発。防衛省が23、24日に予定していた森本敏防衛相と仲井真弘多知事らとの会談は見送・・。〜

11市町村長が不参加 防衛相面談先送り(同)〜・・防衛省が23、24日で調整していた森本敏防衛相と県内の関係18市町村長との会談・・、少なくとも11市町村長が不参加を伝えていたことが21日分かった。「聞く耳を持たない大臣に時間を割く必要はない」(浜田京介中城村長)などと反発は根強い。防衛省は、森本氏来県の延期を決めた。〜

オスプレイ:普天間 座り込みへ 県民大会実行委(同)〜・・宜野湾市野嵩の米軍普天間飛行場第3ゲート前での座り込みや各市町村での住民大会、オスプレイ飛行ルートにあたる全国21県の自治体と連帯するための計画を早期に決めることを確認・・。〜

オスプレイ:操縦士経験も非公表 県の質問へ回答(同)〜・・県が出した質問状への回答・・。沖縄に配属される操縦士が配属前に積む飛行時間について「部隊の能力にかかわるため公表できない」とし、「通常どの部隊でも副操縦士の中に経験の浅い者が含まれる。その副操縦士が飛行する場合、経験を積んだ機長が指揮・監督する」・・。〜

「自動回転するなら防衛相と同乗」 那覇市長 政府に痛烈な皮肉(琉球新報)〜翁長雄志那覇市長は21日、・・オスプレイの体験搭乗について「オートローテーション機能で緊急着陸の実機訓練をするなら、森本敏防衛大臣と一緒に乗るつもりだ」と述べた。エンジン停止時の安全確保機能の欠陥を挙げ、痛烈な皮肉を込め、「搭乗を沖縄に呼び掛けるのは無神経極まりない」と政府の対応を批判した。〜

 岩国 うず巻く怒り オスプレイ「帰れ」(沖縄タイムス)

posted by 福地行政書士事務所 at 15:49| 許すなオスプレイ配備