2013年05月05日

憲法改正草案〜地方自治条項の追加〜

 現状の沖縄無視の状況を改善するためには、地方の意見を無視した施策の実施を許さない規定が必要だ。

 第8章地方自治の編に第95条の2を追加。

 第95条の2 国及び地方公共団体は、一部地域に負担を強いる施策を実施する場合は、当該地域の意見を聞かなければならない。

2 国及び地方公共団体は、施策を実施するにあたっては、当該地域の意見を無視してはならない。

 

posted by 福地行政書士事務所 at 17:50| 書籍・新聞等からの資料
2013年04月25日

沖縄の平均寿命低下の原因は脂肪摂取過多による肥満が原因ではない(月刊誌「選択」4月号より)

・・・・・そして、次のように警告する。

 沖縄の平均寿命のランキングの低下はまず男性に表れた。これはストレス社会の特徴である。タバコや酒の害もそういう社会では表出しやすい。肥満もその部分現象の一つである。それを知らず、学者と行政とマスコミが協働で沖縄の低栄養化を促進してしまった所に悲劇の本質がある。

 癒しの島として観光を売りしている沖縄が、実はストレス社会となっているとの指摘は驚きである。何が問題なのか、掘り下げるみる必要があるようだ。・・(詳細はこちらをクリック)

posted by 福地行政書士事務所 at 17:28| 書籍・新聞等からの資料
2013年04月17日

日本の防衛費、本当に少ないのだろうか?〜ストックホルム国際平和研究所公表データから〜

 スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が2012年までの世界の軍事費について公表した。圧倒的な軍事力を誇る米国は健在だ。世界全体の軍事費の39%を米国が占める。2位は中国9.5%、3位ロシア5.2%。4位英国3.5%、5位日本3.4%だ。(参照同研究所HM図表 クリックで同HMへ)

 日本国内には日本の軍事費がGDPの1%枠内であることに不満の声があるが、客観的状況からすれば、日本の軍事費は決して少なくない。理由は以下の表に現れている。(下表の数字は外務省HM各国情勢を見る(基礎データ・・など)から転載した)

 守るべき国土・人口の観点からすれば、日本は国土面積・人口において、大きな国とはいえない。上位3つの国は日本の20倍以上の国土を有している。守るべき範囲は広大である。人口も日本より多い。国土防衛にコストがかかることは容易に理解できる。・・・(続きはこちらをクリック)

posted by 福地行政書士事務所 at 19:24| 書籍・新聞等からの資料