2014年02月05日

沖縄の民意はゆるがない〜南城市、八重瀬町、読谷村、渡名喜村首長選挙結果から〜

 稲嶺進名護市長が再選後の、1,2月に実施された4市町村の首長選挙は無投票で現職が再選された。以下は各首長の仲井真知事の埋立承認についての評価である。いずれも否定的見解を表明している。

 沖縄の民意は昨年1月の建白書に示されている。

 @オスプレイ配備撤回

 A普天間基地の閉鎖・撤去および県内移設断念

 沖縄の民意は揺るがない。

1月26日選挙

選挙結果 仲井真知事の埋立承認の評価 2013.12.28付琉球新報記事
南城市長選挙:古謝景春氏無投票当選 県外移設を求める基本的姿勢変わらず。知事は説明責任果たすべき。  古謝南城市長コメント.jpg
八重瀬町長選挙:比屋根方次氏無投票当選 埋め立て申請を承認したことは非常に残念だ。 比屋根八重瀬町長コメント .jpg 

2月9日選挙 

選挙結果 仲井真知事の埋立承認の評価 2013.12.28付琉球新報記事
読谷村長選挙:石嶺傳實氏無投票当選 承認の結論に至ったのは極めて残念だ。  石嶺読谷村長コメント.jpg
渡名喜村長選挙:上原昇氏無投票当選 承認は残念だが、1月の建白書の意義は失われていない。  上原渡名喜村長コメント.jpg