2021年07月19日

嘉手納基地における夜間・深夜早朝の騒音激化に抗議する意見書・決議(2021年7月15日嘉手納町臨時議会)

 2021年7月15日、嘉手納町議会は「嘉手納基地における夜間・深夜早朝の騒音激化に抗議する意見書・決議」を可決し、同日、沖縄防衛局長、外務省沖縄事務所副所長に対し抗議要請を申し入れた。  要請では具体的な深夜の凄まじい異常爆音状況を動画で示し、深刻な事態であることを訴えた。両者とも被害実態については承知していると発言するものの、解決策については米軍に住民被害が最小限になるように要請するとの回答に留まった。

  深夜早朝の爆音被害の状況については本HM記事嘉手納米軍基地。2021年5月、6月、7月の深夜の凄まじい異常爆音。人権侵害の極致だ!米軍は沖縄から出て行け!(クリックで同記事へ)!を参照

  可決された意見書決議の詳細については嘉手納基地における夜間・深夜早朝の騒音激化に抗議する意見書・決議(町議会HM)クリックで同HMへ)を参照

 

  抗議決議.jpg

posted by 福地行政書士事務所 at 13:13| フクチ義広後援会
2021年06月11日

嘉手納町議会、2021年6月8日、「CV-22オスプレイの度重なる飛来に厳重に抗議する意見書・決議」を可決。嘉手納米軍基地関連、今年4回目。

 嘉手納町議会、2021年6月8日、今年4回目となる嘉手納米軍基地に関する抗議決議、意見書「CV-22オスプレイの度重なる飛来に厳重に抗議する意見書・決議」(同内容は以下のとおり)を可決した。

トリミング縮小 CV-22オスプレイ4機.jpg同書面は本日、6月11日田中沖縄防衛局長に手交した。
 田中局長は、嘉手納町に寄せられた住民の抗議や騒音データを、その都度米軍に伝え、住民生活に配慮するよう要請している。米軍も住民生活に配慮するプライオリティー(他の優先事項)を有していると説明した。しかしながら現実は全く異なり、早朝から深夜までの爆音、排気ガス被害が撒き散らされていることを指摘すると、そこは運用の問題等と発言した。ただ、今後も住民間生活へ配慮するように要請していくとした。
 しかし、今年に入って4回目の抗議決議であり、住民生活に配慮するという発言は全く実現しておらず、それどころか被害増大、基地機能強化は著しい。
 嘉手納町民は、町民の声を挙げ続けなければならない。 

2021年
 6月  8日:CV-22オスプレイの度重なる飛来に厳重に抗議する意見書・決議
    CV-22オスプレイの度重なる飛来に厳重に抗議する意見書
 令和3年5月26日午後5時及び午後11時頃、さらに31日午後1時過ぎにCV-22オスプレイ計4機が嘉手納基地に飛来し、第353特殊作戦群の新駐機場に駐機している様子が確認された。同型機の嘉手納基地への飛来は、今年3月22日に 3機、4月29日1機、5月13日1機と今年に入り5度目となる。
 本町議会は、CV-22オスプレイが飛来する度に同型機の嘉手納基地への飛来中止及び横田飛行場配備に関する環境レビューによる県内訓練場使用計画の撤回を求める決議を可決し、断固反対の意思を表明してきたにもかかわらず、このような度重なる飛来はもはや嘉手納基地における恒常的運用に他ならず、強い憤りを禁じ得ない。
 沖縄防衛局からの照会に対し米軍は「第353特殊作戦群に所属し横田基地に配属されているCV-22オスプレイは、嘉手納基地に配備されている他の特殊作戦群部隊と訓練を行わなければならないため、定期的に嘉手納基地に飛来する」と回答したが、飛来目的及び滞在期間等の詳細は明らかにしていない。
 同型機の訓練拠点として嘉手納基地が運用されれば、訓練激化に伴い騒音被害等が増大することは必至である。さらに空軍の特殊作戦という過酷な条件下で使用されるため墜落など重大事故が危惧されることから、断じて容認できない。 
 嘉手納基地においては、航空機の離発着、飛行訓練による騒音のみならず、住民居住地に極めて近接している「パパループ」周辺から昼夜構わず地上騒音及び悪臭被害が発生し多数の苦情が寄せられているなか、米軍の傍若無人な基地運用は受忍限度をはるかに超えており、町民の怒りは頂点に達しつつある。
 よって、嘉手納町議会は町民の生命、財産、安全及び平穏な生活を守る立場から、CV-22オスプレイの度重なる飛来に厳重に抗議するとともに、下記事項を速やかに実現するよう強く要求する。
            記
 1 嘉手納基地へのCV-22オスプレイの飛来を中止すること。
 2 CV-22オスプレイの県内訓練場使用計画を撤回すること。
  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 
                  令和3年6月8日
                  沖縄県嘉手納町議会
 (あて先) 内閣総理大臣 外務大臣 防衛大臣 内閣官房長官(沖縄基地負担軽減担当) 沖縄及び北方対策担当大臣 外務省特命全権大使(沖縄担当) 沖縄防衛局長   沖縄県知事

 

 5月17日:パパループの継続使用に厳重に抗議し、使用禁止を求める意見書・決議
 3月24日:嘉手納基地における米軍機の騒音激化に抗議する意見書・決議
 3月18日:航空自衛隊による嘉手納基地の共同使用に抗議する意見書・決議
2020年
 12月14日:相次ぐ外来機の飛来に抗議する意見書・決議
 12月14日:多発する米空軍兵の道路交通法違反に抗議する意見書・決議
 11月26日:嘉手納基地における米軍機の騒音激化に抗議する意見書・決議
 11月26日:CV-22オスプレイの飛来に抗議する意見書・決議

他は可決意見書・決議一覧 | 嘉手納町議会(沖縄県) (kadena-gikai.jp)(クリックで嘉手納町議会HPへ)

posted by 福地行政書士事務所 at 18:21| フクチ義広後援会
2021年01月18日

嘉手納町議会議員選挙最終結果(2021年1月17日)

 2021年1月17日嘉手納町議会議員選挙の最終結果です。

 私、フクチ義広は、定数16名のところ16位で当選を果たすことができました。

 厳しい選挙戦でしたが、多くのみなさんのご支援をいただきました。ありがとうございました。嘉手納町のために、基地問題解決のために力を尽くしたいと思います。ありがとうございました。

 

以下は嘉手納町選管発表の最終結果です。

20210118嘉手納町議会議員選挙結果.png

posted by 福地行政書士事務所 at 13:53| フクチ義広後援会
2021年01月14日

【フクチヨシヒロさん】1月17日は嘉手納町議選挙!インタビュー有難うございました。(基地を返還させて観光地にする)

【フクチヨシヒロさん】1月17日は嘉手納町議選挙!インタビュー有難うございました。(基地を返還させて観光地にする)

posted by 福地行政書士事務所 at 06:25| フクチ義広後援会
2021年01月14日

新しいページ「フクチ義広後援会」を新設しました。さらに、所信についての補充説明のページを追加しました。どうぞご利用ください。

 今日は、嘉手納町議会議員選挙3日目です。

 ページフクチ義広後援会(クリックで同ページへ)を新設しました。さらに、所信についての補充説明のページを追加しました。どうぞご利用ください。

posted by 福地行政書士事務所 at 06:00| フクチ義広後援会
2021年01月13日

平和発信の町 嘉手納

 新年あけましておめでとうございます。

 旧年中は、ひとかたならぬご支援を賜りありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

 今年の私の目標は「平和発信の町 嘉手納」を推進することです。

 私の平和の原点は72年前の沖縄戦です。直接体験したわけではありませんが、父や母、そして祖父や諸先輩方から語り継がれてきた追体験です。「ありったけの地獄」「人間が人間でなくなる」「鉄の暴風」等と語り継がれてきました。沖縄が煤燼(ばいじん)と化し、血に塗られ、4人に1人が死に追いやられた。

 しかも、沖縄戦の始まりはここ嘉手納(当時の北谷村)です。水釜海岸が米軍艦船に覆われ、凄まじい艦砲射撃がその始まりでした。そしてそれが今日に至る基地の島のはじまりとなり、その最大の被害がここ嘉手納に集中し、国は今日まで放置し続けてきました。

 この状況について、町は、嘉手納基地は町民の生活空間を奪い、そして生産(仕事)の場を奪っている。基地問題は町政の最大の行政課題であると指摘しています。正にそのとおりだと思います。基地問題を解決しないかぎり私たちの生活を豊かにすることはできません。

 さらに、世界情勢、特に沖縄・日本を含む東アジア情勢を見るとき戦争の惨禍が再び引き起こされるのではないかと危惧されます。嘉手納を、沖縄を二度と戦場にしないためにはどうすべきかを考えるとき、私たち自身が平和の重要性を発信し、行動し、平和を築いていくことが重要です。

 日米安保の最前線基地である嘉手納基地を抱えている嘉手納町だからこそ、自ら努力しなければならないのではないか。それは、いま(現在)を生きる私たちだけではなく、子や孫たちに平和な沖縄、嘉手納を引き継いでいくために必要です。私たち自らが平和について考え、決定し、行動する必要があります。

 嘉手納が変われば、沖縄が変わる。沖縄が変われば日本が変わる。日本が変われば世界が変わる。子や孫たちの仕合わせな未来を築くために、力を尽くしたいと思います。

posted by 福地行政書士事務所 at 11:25| フクチ義広後援会
2021年01月13日

フクチ義広後援会ニュース(1,2,3号)を発行しました。どうぞご覧ください!!!

 フクチ義広後援会ニュース(1,2,3号)を発行しました。画面をクリックすると大きな画面に変わります。どうぞご覧ください!!!

後援会ニュース1号 後援会ニュース2号 後援会ニュース3号
  嘉手納基地被害の除去を求めて 人口減少傾向の改善に向けて
50%後援会ニュース1号.jpg 50%後援会ニュース2号.jpg 50%後援会ニュース3号.jpg
  60%後援会ニュース2号別紙.jpg 50%後援会ニュース3号裏面.jpg
「フクチ義広後援会」クリックで同ページへ
posted by 福地行政書士事務所 at 11:17| フクチ義広後援会
2021年01月13日

フクチ義広後援会ニュース(4,5号)を発行しました。どうぞご覧ください!!!

 フクチ義広後援会ニュース(4,5号)を発行しました。画面をクリックすると大きな画面に変わります。

 どうぞご覧ください!!!

後援会ニュース4号 後援会ニュース5号
 嘉手納町民の9割が嘉手納基地の爆音を「うるさい」と感じ「被害」を訴えています。  地域のつながりを拡げる活動~買い物困難の解消を 中央区の「なかゆくい広場」の取り組みから~
SNS用50%縮小 後援会ニュース4号表.jpg
SNS用縮小50% 後援会ニュース5号.jpg
SNS用縮小40% フクチ義広後援会ニュース4号裏面(うるさい、被害のみ).jpg

「フクチ義広後援会」クリックで同ページへ
posted by 福地行政書士事務所 at 10:28| フクチ義広後援会
2021年01月06日

フクチ義広後援会ニュース(6号)を発行しました。どうぞご覧ください!!!

 フクチ義広後援会ニュース(6号)を発行しました。画面をクリックすると大きな画面に変わります。

 どうぞご覧ください!!!

後援会ニュース6号
 私の平和の原点は72年前の沖縄戦・・・父や母、そして祖父や諸先輩方から語り継がれてきた追体験です。

 「ありったけの地獄」「人間が人間でなくなる」「鉄の暴風」等と語り継がれてきました。沖縄が煤燼(ばいじん)と化し、血に塗られ、4人に1人が死に追いやられた沖縄戦。

 しかも、沖縄戦の始まりはここ嘉手納・・・。水釜海岸が米軍艦船に覆われ、凄まじい艦砲射撃がその始まり・・そしてそれが今日に至る基地の島のはじまり・・・、その最大の被害がここ嘉手納に集中しています。・・・

45%縮小 後援会ニュース6号1頁.jpg45%縮小 後援会ニュース6号2頁.jpg
「フクチ義広後援会」クリックで同ページへ
posted by 福地行政書士事務所 at 10:29| フクチ義広後援会
2020年10月29日

嘉手納町の人口推移(2007年~2020年)人口減少傾向に歯止めをかけ、嘉手納基地返還で生活空間を確保し、人口増を計ろう!説明補充C(フクチ義広の所信2ページ)

 嘉手納町の人口推移(2007年~2020年)人口減少傾向に歯止めをかけ、嘉手納基地返還で生活空間を確保し、人口増を計ろう!説明補充C(フクチ義広の所信2ページ)

 以下は2007年(平19)から2020年(令2)までの人口推移のグラフです。データは県HMから拝借しました。(但し、2020年は嘉手納町HMから) 嘉手納町の人口推移 折れ線グラフ.jpg 

嘉手納町の人口推移 表.jpg

 この間の人口は増減を繰り返しながらも減少傾向にあります。嘉手納基地返還で生活空間を確保し、人口増を計ることは町政の重要課題です。

フクチ義広後援会のページはこちらをクリック

posted by 福地行政書士事務所 at 15:17| フクチ義広後援会