2022年05月18日

2022年5月16日嘉手納.普天間両爆音原告団は合同で、行政訴訟を那覇地方裁判所に提訴

 2022年5月16日、第4次嘉手納基地爆音差止訴訟原告及び第3次普天間基地爆音差止訴訟原告団は、合同で行政訴訟を那覇地方裁判所に提訴しました。請求内容は以下のとおり。

請求内容
1.米国に対して差止訴訟を提起できる地位等の確認を求める請求
2.(国交大臣に対して)航空法上の管制権の発動を求める請求
3.(1.2.が認めらない場合に備えて)原告が一定レベル以上の騒音に晒されないように、国は外交交渉を行う義務を有することの確認

 両原告団によるこれまでの訴訟では、裁判所は、米軍基地の爆音は受忍限度を超えており違法なものと認定し、損害賠償金の支払いを国に命じてきました。しかし、夜間の米軍機飛行差止等については「第3者行為論(安保条約及び地位協定によれば嘉手納基地の管理運営権は米国に委ねられ、日本政府は米軍の航空機運航などを規制・制限することができる立場にない)」という屁理屈によって認めてきませんでした。

 これについて、沖縄国際大学の前泊教授は、いじめを受けている子どもの訴えに、いじめは違法だからいじめっ子は損害賠償金を支払いなさい、と命じながら、いじめ自体を止めなさいとは言えない、というのに等しく不条理である、と厳しく批判しています。正にその通りだと思います。

 沖縄の本土復帰50年にあたり「何が変わり、何が変わらなかったか」という指摘がありますが、もっとも変わらないのが沖縄の米軍基地であり、基地被害を押し付けられてきた沖縄県民の生活です。そして、基地被害の最たるものが爆音被害です。

 今回の行政訴訟は、米軍の爆音による基地被害を放置している国の不作為ないしは作為が違法若しくは違憲であるとの判断を求めるものです。

 ところで、嘉手納・普天間両基地の距離をごぞんじだろうか。距離は約10q(下の地図をご覧ください)。両基地を中部全体でとらえるとき、本島中部が3本の滑走路を有する広大な米軍基地だと捉えることが可能です。両基地の被害は中部地域全体に及んでいます。嘉手納基地から離陸した米軍機は宜野湾市、浦添市までの爆音被害をまき散らしていますし、欠陥機オスプレイは普天間・嘉手納両基地の間を行き来しています。

 嘉手納・普天間基地修正4.13DSC01696 (21).jpg

 爆音被害は中部のみならず、南部・北部地域まで拡大しています。

 この実態から、今回両原告団が合同で行政訴訟を提訴したことは、米軍基地被害を沖縄全体としてとらえることにつながるのではないか。市民運動の大きな拡がりを予感させます。

 今提訴が、基地問題を沖縄全体の問題としてとらえる好機になります。基地反対、基地撤去、基地の整理縮小、県民の生活空間・生産の場所の拡大に向けてあらたな運動の拡がりを期待したいと思います。

 行政訴訟が復帰50年の節目に提訴されたことは、50年経過しても基地が何も変わらないことえの沖縄の不満が凝縮されていると物語っています。今後の5年、10年、20年は沖縄が基地を返せとの声を上げることが重要です。

 基地と経済はリンクしているとを本政府言っています。ならば、基地受け入れの見返りは不要、土地を返せ、土地だけではない上空をも含めた生活空間を返せとの声を上げる必要があります。

 沖縄が腹を括って主張する。その覚悟が、今後求められると思います。

(2017/02/26)静かな夜戻らず、差止またも認めず、健康被害一部認容、爆音五度目断罪〜第三次嘉手納基地爆音差止訴訟 2月23日判決〜

(2017/05/04)嘉手納飛行場と普天間飛行場の距離は約10Km。こんなにも近距離かつ住民地域に隣接する危険な基地だ。人権侵害だ!

2022年01月31日

続)1月28日第4次嘉手納基地爆音差止訴訟提訴 原告数35566名。嘉手納基地周辺住民約35万人の10%が参加。住民の怒りが爆発!

202001281300縮小 IMG_3038.jpg

 1月28日、第4次嘉手納基地爆音差止訴訟提訴。原告数は3万5566名。嘉手納基地周辺住民約35万人の10%が参加。住民の怒りが爆発している。

 これまでの北谷町、嘉手納町、うるま市、沖縄市、読谷村に加え、新たに宜野湾市、北中城村、恩納村住民が加わり8市町村住民が参加した今回の訴訟は、第三次訴訟原告数約2万2千人の約1.6倍だ。

 嘉手納基地に隣接する嘉手納町住民の約58%、北谷町住民の約24%が参加している。

 地域住民の身体生命、健康を守り、子どもたちの学習環境を守るために、基地負担を強いられてきた地域住民の闘いが始まる。

202001281300縮小反転 IMG_3020.jpg202001281300縮小IMG_3008.jpg

202001281300トリミング 修正IMG_3033.jpg

第4次嘉手納基地爆音差止訴訟提訴 原告数3万5566名!新たに宜野湾市、北中城村、恩納村住民が加わり8市町村住民が参加

2022年01月29日

第4次嘉手納基地爆音差止訴訟提訴 原告数3万5566名!新たに宜野湾市、北中城村、恩納村住民が加わり8市町村住民が参加

縮小 裁判所前 DSC07998.jpg

 1月28日、第4次嘉手納基地爆音差止訴訟が提訴された。原告数は3万5566名。新たに宜野湾市、北中城村、恩納村住民が加わり8市町村住民が参加する。第三次訴訟原告数約2万2千人の約1.6倍だ。

 1982年2月第1次訴訟提訴から、2次、3次と訴えを続けてきたが原告住民らの求める夜間飛行差し止めは認められなかった。

 静かな夜を返せ! 嘉手納基地周辺住民3万5566名が基地周辺住民の基地被害救済を求めて、4回目の裁判にのぞむ。

原告団数の内訳は以下のとおり

支部名
北谷支部 嘉手納支部 具志川支部 石川支部 沖縄支部 読谷支部
原告数(名) 6870 7752 6867 4878 5799 3400
構成市町村 北谷町、宜野湾市、北中城村 嘉手納町 うるま市(旧具志川市) うるま市(旧石川市) 沖縄市、北中城村 読谷村、恩納村

 

 

第4次嘉手納爆音訴訟 3万5000人超が提訴 – QAB NEWS Headline

2021年12月05日

辺野古新基地阻止!12月4日ブルーアクション 島ぐるみ会議かでな統一行動

辺野古新基地阻止!12月4日ブルーアクション 島ぐるみ会議かでな統一行動

ブルーアクション 横断幕.jpg 玉城デニー知事は、11月25日国の辺野古埋立工事変更申請を不承認にしたことを発表した。

 国は直ちに工事を中止せよ! 沖縄は、国による沖縄の民意圧殺を絶対に許さない。

 島ぐるみ会議かでなでは、辺野古ゲート前での行動に合わせて、

勲さん.jpg 嘉手納ロータリー三叉路で統一行動に参加しました。

 辺野古新基地阻止! 私たちは、国による沖縄の民意(辺野古新基地阻止)の圧殺を絶対に許さない!

吉孝さん.jpg勉さん.jpg

  

2021年10月20日

島ぐるみ会議嘉手納は新垣クニオさんを応援しています。2021年10月20日 衆議院総選挙沖縄第2区新垣クニオさん支援のための、島ぐるみ会議嘉手納の早朝行動

 島ぐるみ会議嘉手納は新垣クニオさんを応援しています。

 2021年10月20日 衆議院総選挙沖縄第2区新垣クニオさん支援のための、島ぐるみ会議嘉手納の早朝行動です。

多くの町民のみなさんが参加しました。

衆議院総選挙20211020縮小 DSC07767.jpg 衆議院総選挙20211020縮小 DSC07768.jpg
衆議院総選挙20211020縮小 DSC07772.jpg 衆議院総選挙20211020縮小 DSC07775.jpg
衆議院総選挙20211020縮小 DSC07777.jpg  


 

2021年02月16日

2021年2月9日 今年初めての、島ぐるみ会議嘉手納 辺野古新基地阻止、嘉手納基地基地強化を許さない等早朝スタンディング行動に参加しました

 2021年2月9日 今年初めての、島ぐるみ会議嘉手納 辺野古新基地阻止、嘉手納基地基地強化を許さない等早朝スタンディング行動に参加しました。

 コロナ未収束の中での行動、4名の参加で辺野古新基地建設阻止を訴えました。寒空の中での行動となりました。コロナ禍の中でも、県民の7割が反対する辺野古工事は強行されています。

 私たちの行動に道行くドライバーの反応も良く、多くの方が手を挙げて応えてくれます。

 辺野古新基地阻止、基地強化を許さない、私たちの闘いに確信を持ち、闘いを継続していきます。

EtvXuuDUUAExvjg.jpg

Etvb0XtUcAESdIj.jpg


2020年12月14日

2020年12月8日 島ぐるみ会議嘉手納 辺野古新基地阻止、嘉手納基地基地強化を許さない等早朝スタンディング行動に参加しました

全景2 8_n.jpg 2020年12月8日 島ぐるみ会議嘉手納 辺野古新基地阻止、嘉手納基地基地強化を許さない等早朝スタンディング行動に参加しました。

 コロナ禍の中での行動、4名の参加で辺野古新基地建設阻止を訴えました。曇り空の中での行動となりました。県民の7割が反対する中、辺野古工事は強行されています。

 私たちの行動に道行くドライバーの反応も良く、多くの方が手を挙げて応えてくれます。

 辺野古新基地阻止、基地強化を許さない、私たちの闘いに確信を持ち、闘いを継続していきます。

70% 10%縮小  DSC06743.jpg

2020年11月18日

2020年11月18日12時37分爆音被害糾弾、嘉手納ピースアクション及び第三次嘉手納基地爆音差止訴訟原告団共催、沖縄防衛局前抗議集会最中に住宅周密地域上空で違反飛行を繰り返すMC130。危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

 2020年11月18日12時37分爆音被害糾弾、嘉手納ピースアクション及び第三次嘉手納基地爆音差止訴訟原告団共催、沖縄防衛局前抗議集会最中に住宅周密地域上空で違反飛行を繰り返すMC130。

 危険極まりない、生活環境破壊、人権侵害だ!米軍は沖縄から出て行け!

2020年11月18日

2020年11月18日12時15分「爆音被害糾弾」嘉手納ピースアクション及び第三次嘉手納基地爆音差止訴訟原告団共催、沖縄防衛局前抗議集に参加しました。

 2020年11月18日12時15分「爆音被害糾弾」嘉手納ピースアクション及び第三次嘉手納基地爆音差止訴訟原告団共催、沖縄防衛局前抗議集に参加しました。

 集会には約50名の市民・県民が参加しました。連日の爆音禍、基地周辺住民の怒りは頂点に達しています。嘉手納爆音具志川支部から参加した兼島さんは、記録している離陸回数が、連日数十回に及ぶと指摘し、私たちには人権は無いのか!怒りをぶつけていました。

 静かな夜を返せ!!!爆音を止めろ!!!米軍は沖縄から出て行け!!!基地撤去!!!

 シュプレヒコールが沖縄防衛局に響きました。

沖防前抗議集会 DSC06703.jpg

沖防前抗議集会  DSC06702.jpg

本人 DSC06696.jpg