2014年05月23日

国富とは何か。守るべきものは何か。画期的判決〜大飯原発差し止め判決〜

 一昨日5月21日に言い渡された大飯原発差し止め訴訟第1審判決。福井地方裁判所は、「大飯原発3,4号機は運転してはならない」と判断した。

 裁判の中で、被告関西電力は、電力の安定供給等のためには原発稼働の必要性について主張するが、この点について、福井地裁は明快に断罪した。以下は5.22付沖縄タイムス掲載の判決要旨からの抜粋である。

【国富の喪失】

 被告は原発稼働が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いという問題を並べて論じるような議論に加わり、議論の当否を判断すること自体、法的に許されない。原発停止で多額の貿易赤字が出るとしても、豊かな国土に国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失だ。

 被告は、原発稼働がCO2(二酸化炭素)排出削減に資すると主張するが、福島原発事故はわが国始まって依頼最大の環境汚染であり、原発の運転継続の根拠とすることは甚だしく筋違いだ。

 福島原発事故後、初めて示された、原発に対する裁判所の判断である。

 今後の同種訴訟に大きな影響を及ぼすことは間違いない。

posted by 福地行政書士事務所 at 09:00| 脱原発〜日本の進むべき途〜