2012年07月24日

「オスプレイ陸揚げ・配備阻止! 7.23岩国岩国現地大行動」に参加しました

 7月23日にオスプレイを搭載した民間船が岩国に入るとの情報を受けて、急きょ、第3次嘉手納基地爆音訴訟団から、平良事務局長と副団長を務める私(福地)が参加することになった。

早朝B1.jpg現地行動は、オスプレイが接岸する午前7時ころからの海上早朝ボート.jpg・付近護岸からの抗議行動と午後1時からの抗議集会が開催されそのいずれにも参加した。

早朝A.jpg 午前7時前に会場に到着したときには、すでに接岸され基地内に船の姿を確認した。海上・陸上からの抗議行動は約100人が集結し、配備反対の向けたシュプレキコールが響いた。 

 午後1時からの集会には、500名を超える市民等が終結し、オスプレイ配備反対を訴えた。主昼@.jpg催者及び連帯のあいさつでは、岩国市民や山口県民、沖縄県民等日本全体が配備に反対するオスプレイ搬入を強行した日米両政府の姿勢が厳しく非難された。岩国での飛行を阻止し、オスプレイを塩漬けにして、スクラップにして米国に送り返そうと気勢をあげた。昼A.jpg

 これまで、「おとなしい岩国市民」と言われてきたみなさんが、声を挙げて自らの生活を昼C.jpg守ろうしている。日本全国からの支援が必要だ。

 今回のオスプレイ搬入は、日本政府の日米同盟優先、軍事優先の姿勢を明確に示した。

 

 そして、オスプレイ搬入前日の22日、野田首相は早稲田大学での講演(詳細は首相官邸HMで クリックで同HMへ)で、沖縄への基地集中の現状に関する学生の質問に対して次のように答えている。

・・日本の安全・平和を確保するために日米安保条約があって、自分の国は自分で守る専守防衛の精神を持たなければなりませんが、日米同盟を軸にしながら我が国の安全を確保していく、地域の平和と安定を確保していくという意味のまさに公共財に、沖縄における基地はなっていると思います。

 野田首相は「沖縄の基地が公共財になっている」と言うのである。

 だから、オスプ配備も、基地の爆音被害も、基地被害も何もかも我慢しろいうのか。

 オスプ配備後は、日本各地で訓練することが明らかになっている。このままいけば、日本全体が「公共財」として米国に売り渡されることになる。

 今回のオスプ搬入は、日本の危機を示していると言える。この危機を回避するためにもオスプレイの普天間配備を阻止する以外に途はない。

posted by 福地行政書士事務所 at 11:04| 許すなオスプレイ配備