2012年09月13日

5年くらい前に父が他界したのですが事情があって遺産相続が終わっていません。母が法定相続分の遺言を希望しているのですが、可能でしょうか。

 結論から言って、可能です。理由等は以下のとおりです。

【質問の内容】 5年くらい前に父が他界しました。しかし、事情があって遺産相続が終わっていません。母も高齢となり、今後のことを考えて亡父の遺産相続に係る母の法定相続分(1/2)を遺言で長男に相続させることを希望しているのですが、可能でしょうか。

【回  答】可能です。ただ、遺産相続が未了ですので、具体的に不動産、預金、動産等を特定することはできません。あくまでも、持ち分に関する遺言となります。したがって、遺産を分けるためには分割協議が必要になります。

 遺言書の表現としては以下のようになるかと思います。あくまでも参考ですので詳細については専門家にご相談ください。

遺 言 書

 遺言者〇〇〇〇は、以下の不動産を含む被相続人△△△△の遺産相続に係る相続分については、すべて長男××××に相続させる。

  1.不動産 ・・ 

  2.預 金 ・・・・

  3.現 金 ・・・・円

posted by 福地行政書士事務所 at 14:44| お客様の声、質問