2017年12月21日

2017年12月20日午後9時嘉手納米軍基地。基地周辺住民地域上空で、異常爆音と排気ガスを撒き散らし離陸、騒音防止協定違反訓練を繰り返す米軍機。人権侵害だ!

 2017年12月20日午後9時嘉手納米軍基地。基地周辺住民地域上空で、異常爆音と排気ガスを撒き散らし離陸、騒音防止協定違反訓練を繰り返す米軍機。

 生活環境破壊、人権侵害だ! 米軍は沖縄から出て行け!!!

嘉手納飛行場及び普天間飛行場における航空機騒音規制措置に関する合同委員会合意について(平成8年3月28日 外務省)

嘉手納飛行場における航空機騒音規制措置騒音防止協定(嘉手納・普天間平成8年).pdfクリックで同協定へ

3 措置
進入及び出発経路を含む飛行場の場周経路は、できる限り学校、病院を含む人 口稠密地域上空を避けるように設定する。

i 2200〜0600の間の飛行及び地上での活動は、米国の運用上の所要のために必要と考えられるものに制限される。夜間訓練飛行は、在日米軍に与えられた任務を達成し、又は飛行要員の練度を維持するために必要な最小限に制限される。部隊司令官は、できる限り早く夜間の飛行を終了させるよう最大限の努力を払う。

posted by 福地行政書士事務所 at 10:38| 嘉手納米軍基地の爆音の最新情報9