2018年02月02日

えぇぇぇ・・延期? 小野寺防相が示した不時着AH−1Z米軍ヘリの自衛官による検証。日本政府には、ウチナーンチュの身体生命財産を守る意思はあるのか。能力はあるのか。極めて疑問だ!!!

 小野寺防相は1月30日の記者会見で、不時着したAH−1Z米軍ヘリを自衛隊の知見により検証すると発表した。ところが、検証作業の中身は何も決まっていない。ヘリ現物を確認することも無く、整備記録を見ることも無く、意見を言うことも無く、問題があればさらに飛行停止を求めるという意思も能力もなく、ただ、米軍の説明を聞いて、唯々諾々と納得し、小野寺防相の飛行停止を無視した米軍を追認するだけの儀式だ。

 ところが、その検証作業さえも拒否された。

 日本政府には、ウチナーンチュの身体生命財産を守る意思はあるのか。能力はあるのか。極めて疑問だ!!!

(2018年2月1日付毎日新聞より転載)
米軍ヘリ不時着  自衛官の検証作業延期
 防衛省は1日、沖縄県で相次いだ米軍ヘリコプターの不時着を巡り、同日実施予定だった自衛官による米軍ヘリ点検整備の確認、検証作業を延期したと発表した。米側が「さらなる準備が必要となり、延期したい」と申し出た。日程を再調整している。
 小野寺五典防衛相は1月31日の参院予算委員会で、ヘリ整備の知見がある自衛官を米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に派遣すると明らかにしていた。(共同)

 

防衛省HMより

AH−1Zの予防着陸に係る米側が実施した点検・整備の確認について

平成30年2月1日
防衛省

 本日実施予定であった標記については、本日、米側から、更なる準備が必要となり、延期したい旨の連絡がありました。
 現在、日程を再調整しているところであり、調整が整い次第、お知らせいたします。