2018年02月27日

また、米軍ヘリが普天間第2小学校上空で違反飛行。2018年2月23日午後3時35分頃、普天間基地所属MH−60ヘリ1機が上空を違反飛行。断じて許されない!宜野湾市当局は直ちに激しい抗議をすべし!!!

 またも、米軍ヘリが普天間第2小学校上空で違反飛行を繰り返した。

 2018年2月23日午後3時35分頃、普天間基地所属MH−60ヘリ1機が上空を違反飛行したという。断じて許されない。米軍が謝罪したというが、それで許されることではない。

 宜野湾市当局は直ちに激しく抗議をすべきだ。

 子どもたちの安全を守るのは大人の責任だ。宜野湾市全体をあげて、米軍に抗議し、基地閉鎖を求めるべきだ!!!!!

防衛大臣臨時記者会見概要(平成30年2月24日)より抜粋クリックで同HMへ
Q:昨日、普天間第二小学校の上空を再び米軍機が飛行したことが確認されましたけれども、把握の状況と受け止めをお願いします。
A:昨日でありますが、普天間第二小学校に配置している警戒の監視員、そしてまたカメラの映像により、これは沖縄防衛局が対応していることでありますが、2月23日午後3時35分頃、米軍機MH−60、1機が同小学校の上空を飛行したということを確認いたしました。これを受け、防衛省から米側に事実関係を確認したところ、米側は直ちに上空飛行を認め、遺憾の意を表明いたしました。また、米側は、再発防止をするため、直ちに、今般の上空飛行に係る事実関係と状況を明らかにするための調査を開始したということであります。今般、上空飛行を行ったのは、外来機であるとは承知しておりますが、防衛省としては、外来機を含め、このようなことが繰り返されないよう、再発防止の徹底を申し入れたところであります。私どもとしては、普天間第二小学校のこの事案を重く受け止め、今回監視員、そして警戒用カメラを設置したということで、このような事態があったことに関して、しっかりすぐに対応したものだと思っておりますが、いずれにしても、これからも米軍機に関しての監視は続けていきたいと思っています。
Q:事故後、二回目ということになりますけれども、これは米軍側から謝罪はあったというふうに考えてよろしいでしょうか。
A:遺憾の意でありますので、謝罪ということであります。また、普天間基地所属のヘリに関しては、今徹底をしているのだと思いますが、今回は海軍の外来機ということだと思いますので、私どもとしては、外来機に対してもしっかりと周知徹底をすることが大事だと米側には伝えております。

 小野寺防相の、外来機を含めた普天間第2小学校上空の飛行禁止の申し入れを受けて、米軍は普天間第2小学校上空での飛行禁止を徹底するため、同旨情報を航空情報(NOTAM)に掲載した。

 これで徹底されるのか、監視していく必要がある。

(2018年2月27日付沖縄タイムスより転載)
普天間第二小の上空飛行回避を周知 米国の航空情報に初記載
 米連邦航空局は26日、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に隣接する普天間第二小学校の上空の飛行を避けるよう知らせる航空情報(ノータム)を出した。同日から5月26日までを期間としている。
 昨年12月に同校の運動場に普天間所属のCH53E大型ヘリから窓が落下した事故以降、上空飛行を避けるよう具体的に案内するノータムが掲載されるのは初めて。2月23日に普天間所属ではない米軍ヘリが同小上空を飛行したことから、所属機以外の米軍機への周知が狙いとみられる。
 ノータムでは、経由など一時的に飛行する乗組員らに普天間飛行場に連絡することも案内している。
 窓落下事故後、日米両政府は同小の上空飛行を「最大限可能な限り避ける」と合意したが、1月と2月に飛行が確認された。