2019年09月02日

2019年8月27日 米海兵隊ヘリによる海上での窓落下事故。被害が生じていないので飛行停止は求めない。岩屋防相発言を許すな!

 8月27日午後5時30分頃、沖縄県東岸沖約8km海上で、米海兵隊普天間飛行場所属CH-53ヘリコプターが窓を落下させた。

 この事故を受けて、岩屋防相は被害が生じていないので、米軍に対して「飛行停止飛行の自粛までは求めていない」と発言した。

 被害が発生しなければ飛行停止は求めないのだ。沖縄県民の身体生命財産に危害が発生しない限り、日本政府は何もしないと明言。常に危険にさらされている沖縄県民を無視。

 現実に何度も住民地域への事件事故が発生しているにもかかわらずだ。(末尾参照)

 人命軽視、沖縄差別も甚だしい。このような態度を絶対に許してはならない!!! 

岩屋防相記者会見(8月30日)より抜粋(クリックで同HMへ)

Q:米軍普天間飛行場所属のCH−53ヘリが、沖縄本島東の海に、27日に窓を落下させたことが、昨日分かりました。2017年の普天間第2小での事故と同型機ですが、その辺りも含めて、大臣の受け止めをお願いします。

A:今、御指摘があったように、8月27日17時30分頃に、沖縄県東岸沖から約8kmの海上におきまして、米海兵隊普天間飛行場所属のCH−53Eヘリコプターが、プラスチック製の窓を落下させたという報告を受けております。現時点において、被害が生じているという情報はございません。防衛省としては、28日夜に、在京の米大使館から第一報を受けましたが、不明な点がありましたので、事実関係について、改めて、米軍に確認をしましたところ、29日午後に、米軍から回答が得られたため、直ちに、関係自治体にお知らせをしたところでございます。非常に、事故発生から時間を要したということは誠に遺憾であり、防衛省としては、米側に対して、機体の点検・整備及び安全管理の徹底並びに実効性のある再発防止策を講じるとともに、事故発生時における速やかな通報を申し入れたところでございます。引き続き、以上の点を米側に強く申し入れていきたいと思っております。

Q:2017年の事故では、当日に、この機体の飛行自粛を求めておりますが、今回は飛行自粛を求めるお考えはありますでしょうか。

A:前回の事故は、極めて深刻で、小学校のグラウンドの中に相当重い物が落ちたということでございましたので、直ちに、飛行の自粛を求めた訳ですが、飛行の自粛を求めるというのは、個々の事案に即して適切に判断をしていかなくてはいけないことだと思っておりますので、今般は被害が生じたという情報もないということで、先ほど申し上げた点については、強く米側に申し入れましたが、飛行の自粛までは求めていないということでございます

Q:洋上の事故とはいえ、飛行自粛を求めないという判断をしてしまうと、事故軽視ではないか、という批判もあたりそうなのですが、その辺りは。

A:全くそういうことはございません。先ほど申し上げたように、まず、速やかな事故の報告を求め、機体の点検・整備及び安全管理の徹底、実効性のある再発防止策を強く求めているところでございます。

参照)

@緑ヶ丘保育園・普天間第2小学校(宜野湾市在)への米軍ヘリ落下物事故

Aうるま市伊計島、読谷村儀間、渡名喜島での米軍ヘリ不時着事故。さらに伊計島でのオスプレイのエンジンカバー落下事故。

B米軍ヘリ落下物事故、墜落、不時着等を受けての政府の対応

posted by 福地行政書士事務所 at 16:04| 沖縄差別の実態