2020年09月15日

後援会資料 フクチ義広の所信 6ページ

     町民要求の実現

     要求実現のためには県・国・米国との協力、対峙する気概が必要

3.嘉手納町の安全保障

 (1)感染症対策

 今般のコロナウイルス感染症対策、特に情報提供について、一部町民への町ラインでの情報提供はあったものの、不十分。この反省にたち、感染症情報提供の町独自指針を策定し、どのように町民へ周知をはかるのか対策が必要です。

 (2)自然災害対策

    災害時の避難体制確立

 (3)米軍基地関連

      @ 凄まじいPFOS等汚染状況に鑑み、嘉手納基地の機能停止、汚染物質の完全除去を求めます。

      A 米軍基地から派生する事件事故への対応。米軍からの情報提供、通報体制の確立。対応策の策定等体制を確立します。

      B 有事の際の対応。

 

  (4)東アジアにおける安全保障体制を作り上げるための嘉手納町の役割

  @ 嘉手納町を日米安保の最前線基地の町から平和発信の町

  A 平和会館の設立、平和大使設置等々

  (5)嘉手納基地の機能強化、固定化を許さないために

  @ 建白書の実現を求めます。

     1.辺野古新基地建設阻止

     2.オスプレイ撤去、再配備の禁止

  A 普天間飛行場の嘉手納基地統合阻止・・・一度は消えたかに見えた案がまた囁かれています。生活環境を悪化させる統合案は絶対に認められません。

  B嘉手納基地で強行されるパラシュート降下訓練中止

後援会内部資料全ページ(20200922).pdf

posted by 福地行政書士事務所 at 17:45| フクチ義広後援会