2018年02月21日

実現しない自衛官による普天間飛行場ヘリの検証。名護市長選挙に向けた、県民騙しの猿芝居だった!!!

 米軍のヘリの相次ぐ事故を受けて、自衛官による普天間飛行場ヘリの検証を行うと発表した小野寺防相。その後延期となった。検証の日程について、小野寺防相は未定と発表した。

 1月30日に検証を行うと発表し、2月1日には延期と発表。あれから3週間が経過しようというのに、未だに実現しない。2月4日の名護市長選挙に向けた、県民騙しの猿芝居であったことは確実だ。

防衛大臣記者会見概要(平成30年2月16日)末尾より抜粋(クリックで同HMへ)
Q:先日の1月に沖縄県に米軍のヘリが不時着した時に、普天間飛行場に自衛官を派遣して、整備・点検の状況を確認するというお話だったと思いますが、その後、調整状況はいかがでしょうか。
A:引き続き、米側と調整をしているという報告を受けております。
Q:まだ具体的には決まっていないということでしょうか。
A:調整中だという報告を受けております。

米軍が実施た点検整備の確認について(防衛省).jpg

参考)

2018年2月2日)えぇぇぇ・・延期? 小野寺防相が示した不時着AH−1Z米軍ヘリの自衛官による検証。日本政府には、ウチナーンチュの身体生命財産を守る意思はあるのか。能力はあるのか。極めて疑問だ!!!

2018年01月31日)小野寺防相の不時着AH−1Z米軍ヘリの自衛隊による検証発言。中身は何もない。またも、名護市長選挙対策。沖縄をなめるなよ。