2020年07月10日

断固抗議する!!!2020年7月9日午後3時過ぎ、米軍は周辺自治体や県の訓練中止を無視してパラシュート降下訓練を強行

 2020年7月9日午後3時過ぎ、米軍は、嘉手納飛行場において、周辺自治体や県の訓練中止を無視してパラシュート降下訓練を強行した。

 嘉手納飛行場における米軍によるパラシュート降下訓練について、河野防相は2019年10月29日の記者会見で「明らかにSACO合意違反」「一部の部隊の指揮官が地元の理解の必要性を理解できない」「同盟に影響を与えかねない、大変遺憾な出来事」と米軍の横暴を厳しく指摘した。

(参照2019/11/28記事)河野防相「明らかにSACO合意違反」!10月29日嘉手納飛行場でのパラシュート降下訓練強行。「一部の部隊の指揮官が地元の理解の必要性を理解できない」「同盟に影響を与えかねない、大変遺憾な出来事」と、米軍の横暴を厳しく指摘

 嘉手納基地周辺住民の身体生命財産を危険にさらす行為を許してはならない。米軍の横暴を許してはならない。

(7月10日付琉球新報より)
午後3時50分から日没後の午後8時すぎまでに計5回、MC130特殊作戦機から計21人の兵士が降下する様子が確認された。
posted by 福地行政書士事務所 at 11:14| 米軍の違反パラシュート降下訓練