2022年06月30日

2022年参院選勝利で、辺野古を止めよう! 立憲民主党、社民党、共産党、れいわ新選組は辺野古新基地建設中止・撤回、国民民主党は土砂投入の即刻中止、凍結

 2022年参議院選挙 各党辺野古に関する各党公約。立憲民主党、社民党、共産党、れいわ新選組は辺野古新基地建設中止、国民民主党は土砂投入の即刻中止、凍結を求めている。

 参院選勝利で、辺野古を止めよう!!!

立憲民主党 普天間飛行場の辺野古移設工事を中止 普天間飛行場の辺野古移設工事を中止し、その上でアメリカの政府、軍、専門家など各分野の皆様と意見交換を行い、「日米関係や米国の安全保障戦略に悪影響を与えない」「辺野古新基地を建設しない」「普天間基地を廃止する」という3条件を満たす戦略を、アメリカの皆様と実現していきたい。(泉代表 3月22日米国のアメリカ進歩センター主催オンライン講演会)
日本共産党 辺野古新基地建設を中止。普天間基地の無条件撤去。  自公政権は、沖縄県の本土復帰から50年たった今、新たな巨大な米軍基地の建設を、沖縄県民の強い反対の意思を乱暴にふみにじって強行しています。しかも戦没者の遺骨の眠る土砂を使って埋め立てをしようとしています。こんな死者を冒とくする行為は絶対に許すわけにはいきません。超軟弱地盤の問題はきわめて深刻で、新基地建設は、政治的にも技術的にも完全に行き詰まっています。
―沖縄県民の民意を無視した辺野古新基地建設を中止します。
―普天間基地の無条件撤去を求めます。
―沖縄県の玉城デニー知事による復帰50年にあたっての建議書を日米両政府が真摯(しんし)に受け止め、「基地のない平和な沖縄」をつくりたいという強い県民の願いに応えることを求めます。(2022年参議院選挙政策 2022年6月8日発表)
社民党 辺野古新基地建設の撤回 社民党は沖縄県政与党として、玉城知事とともに辺野古新基地建設の撤回を求めて引き続き闘っていく。(2021.11.26談話)
れいわ新選組
辺野古新基地建設を直ちに中止・撤回し、米海兵隊は米本土に帰還するという形での普天間基地の返還を実現 れいわ新選組は、この国会決議に関わらず、様々な問題を抱える辺野古新基地建設を直ちに中止・撤回し、米海兵隊は米本土に帰還するという形での普天間基地の返還を実現するべきだと考える。同時に、世界に類を見ない不平等規定が盛り込まれた日米地位協定の速やかな改定を求めていく。(2022年4月28日声明)
国民民主党 軟弱地盤の問題は、辺野古基地建設のアキレス腱、土砂投入中止、凍結 玉城代表記者会見「軟弱地盤の問題は、辺野古基地建設のアキレス腱になると思う。政治的立場を超えて、本当に軟弱地盤のもとで、予定された基地建設ができるのか。専門家も入れた第三者がゼロベースで見直しをすべきだ。基地全体として完成して初めて意味があるので、埋め立てやすいところから埋め立てても意味がない。軟弱地盤についての検証を速やかに行い、基地建設が本当にできるかどうかをまず確定すべきだ。それまでは、今行っている土砂の投入は、即刻中止をしていったん凍結すべきだ」(2019年01月22日沖縄にて)
自民党 辺野古移設を容認する。 普天間飛行場の危険性除去は一刻も早く実現しなければならない。現実的な早期の方策として辺野古移設を容認する。(古謝玄太 参院選に向け政策発表2022年6月5日) 
日本維新の会   沖縄基地問題については、日米政府が真摯に対話を重ね、合意可能な新たな基地負担軽減プラン(訓練場所等の暫定的な移転も含む)を示します。また、地方自治体・地域住民との合意形成に必要な手続き法の制定を検討します。(日本維新の会 基本政策維新八策 2021)
公明党    

(参考)2019年7月21日参議院選挙 最大の争点は辺野古新基地 社民党・共産党・立憲民主党・国民民主党・れいわ新選組は「辺野古反対、工事中止」政権奪取で辺野古を止める!!!

posted by 福地行政書士事務所 at 16:07| トップページ