2020年10月30日

10.30更新)在沖米軍新型コロナウイルス感染、10月30日(29日を30日と訂正)あらたにキャンプシュワーブ11名 10月30日現在合計429名

 10月30日現在、在沖米軍新型コロナウイルス感染者数が合計429名となった。在沖米軍基地内での感染はまだ収まらない。1日で11名、キャンプシュワーブではクラスターが発生しているのだろうか。

 在沖米軍基地内大規模感染はみられないものの感染状況は続いている。県内拡大を阻止するためには基地従業員及び基地関連職種に従事する市民県民のPCR検査を実施し、陽性者を隔離する措置を取らなければならない。

 県は30日、新たな新型コロナウイルス感染者を27名と発表。これで県内累計感染者は3304名。29日発表の直近1週間の10万人当たりの新規感染者16.13人では27日連続で全国最多。2番の東京都(8.07)の2倍となっている。

 基地内外を問わず沖縄県の新型コロナウイルス感染者数の収束は見えない。

 県はコロナ感染症の警戒レベルを「感染流行期(第3段階)」を維持すると発表した。予防対策の徹底し、県全体でのコロナ封じ込め策を実施する必要がある。まだまだ、油断はできない。

以下は米軍感染者数。報道発表をもとに作成しました。

  3月から9月26日
までの合計
9月 10月 合計
  27 2 5 8 13 18 21 22 27 30(報道に沿って訂正)
@嘉手納基地(四軍) 40 1(基地従業員)   1 1(基地従業員) 1(基地従業員) 4 1     49
Aキャンプマクトリアス(海兵隊)
2                     2
B普天間基地(海兵隊) 117                     117
Cキャンプハンセン(海兵隊) 166                     166
Dキャンプキンザー(海兵隊) 6                     6
Eキャンプフォスター(海兵隊) 21   1           1 1   24
Fホワイトビーチ(海軍) 1                     1
Gキャンプコートニー 47                     47
Hキャンプシュワーブ(海兵隊) 5                   11 16
Iトリイステーション(陸軍) 1                     1
406 1 1 1 1 1 4 1 1 1 11 429

参考)8.20更新)在沖米軍新型コロナウイルス感染、あらたにキャンプコートニー4名 8月20日現在合計355名

9.28更新)在沖米軍新型コロナウイルス感染、あらたにキャンプフォスター1名 9月26日現在合計406名

新設ページ「新型コロナウイルス感染関係」

(番号入り)8.27.png

posted by 福地行政書士事務所 at 16:16| 新型コロナウイルス感染関係